« 軟水、ばんざい | トップページ | 他人に勝手に期待をしない »

2004/11/12

軟水物語 (つづき)

当初の予定通り、加湿機に効果があったので、今度はお風呂に使うことにしてみました。
買った軟水器は、浴槽に1~2回しか入れられないお試しセットなのですが、1~2回試せばわかるだろうと思って試してみました。もっとも1~2回といっても、1回の再生での話しなので、ほぼ毎日再生をすれば毎日軟水風呂に入れるんですけどね。

で、実際に入ってみました。
ごめんなさい。軟水をなめてました。
よく言われる、石鹸の泡立ちがいい、というのは 「うん、そんな感じ」 程度でした。
それよりも驚いたのは、風呂の残り湯。我が家は節水のために浴槽のお湯は継ぎ足しで二日使うことにしています。なぜ二日かといえば、三日目になると『風呂水ワンダー』を入れても、くさくてとても入れないからです。しかも浴槽の底には茶色い垢みたいなものがいっぱい沈んでいて、あまり入りたくない状態になってしまいます。
ところが、軟水風呂にしてから、においも茶色い沈殿もほとんどなくなりました。水道水の混入に十分に気をつければ、五日~一週間 は継ぎ足し湯でもぜんぜん問題なくなりました。

においと茶色い沈殿は、「石鹸かす」 だったんですね。私はてっきり、体の垢、だと信じてました。
せっけんライフ で詳しく解説されていますが、水道水の中のカルシウムが石鹸と結合して、溶けない・こびりつく 「石鹸かす」 が大量に生成されます。
これがにおいと汚れの原因だったわけですね。ほんとに知りませんでした。
「認めたくないものだな。若さゆえの過ちというものは・・・」 状態です。
おかげで、浴槽だけでなく、洗い場や体を拭くタオルの汚れやにおいも一気に減りました。

もう、軟水抜きでの生活は考えられない状態になりました。
早速、もっと大型の軟水器を注文しています。

ぜひ一度皆さんも試してみてはいかがですか?

click!

|
|

« 軟水、ばんざい | トップページ | 他人に勝手に期待をしない »

軟水・洗濯・加湿機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/1940313

この記事へのトラックバック一覧です: 軟水物語 (つづき):

« 軟水、ばんざい | トップページ | 他人に勝手に期待をしない »