« 新しいプリンターが決まらない | トップページ | ニート »

2006/10/01

人材、人在、人財 そして 人罪

 トラックバック先のコラムを読んで、久しぶりに 「人財」 および 「人罪」 という言葉を聴いた。
最初にこの言葉を聞いたのは、何かのビジネス雑誌だったと思う。そこでは、“実績” を横軸に、 “将来性” を縦軸にとって 「人財」 「人材」 「人在」 「人罪」 を下のように表していた。

↑|      |
||      |
|| 人材  | 人財
将|      |
来|―――――――――
性|      |
||      |
|| 人罪  | 人在
||      |
□+―――――――――
□□――――実績――→ 

『人財』 は、これまでも実績があり、今後も所属している組織に貢献が期待される人のことである。企業や組織はこういう人を多く取ることで発展をしていくに違いない。

『人材』 は、これまでの実績はないものの、今後組織に貢献していくことが期待される人のことである。人財 もいつかはいなくなってしまうから、人材 を速いうちから見つけて 人財 へと磨き上げることが、組織にとって重要になってくるのは明らかである。

『人在』 は、実績を上げてきたものの、今後組織への貢献は期待できずに、組織のお荷物になっている人のことである。こういう人には、別な道を探してもらい、速めに退場してもらうのが本人にとっても組織にとってもよいらしい。

『人罪』 は、実績もなく今後の貢献も期待できない人のことである。行為人がいると組織のモラルが低下して、人財 や 人材 が逃げて言ってしまう場合多いらしい。

 人財 と 人材 のみがいる組織が理想であるが、実際の組織では、人財:1割 人材:2割 人在:5割 人罪:2割 ぐらいが一般的であるらしい。

---------------

 当時はこんな記事を読んでは 「なるほどね~」 と感心していたが、はたして自分が 『人財』 になることが出来たのかはイマイチ自信がない。やはり 『人在』 になっていたのではないかとも思う。

 ここまで書いてからいうのもなんであるが、このような人に対する評価はあくまで企業から見た人材評価であり、今の企業的価値観に深い疑問を持つ私にとっては、上のような人の分類はたいしたことではないと感じている。
企業にとって重要な人が、必ずしも社会生活やもっと基本的な家族内において最良の人物であるとは限らない、と思うからである。
そして、家族にとっての 『人財』 になることが、今の私にはもっとも重要なことである。

---------------

10月27日 追記

他に人のブログを読んでいたら、どうも 『人済』 というのがあった。
『人済』 を導入すると、『人在』 と 『人罪』 の定義が変わってくる。

『人済』 は、実績を上げてきたものの、今後組織への貢献は期待できずに、組織のお荷物になっている人のことである。こういう人には、別な道を探してもらい、速めに退場してもらうのが本人にとっても組織にとってもよいらしい。

『人在』 は、わずかな実績とわずかな将来性がある人のことである。無害ともいえるが、企業から見た場合は 『無益』 となる。

『人罪』 は、実績もなく今後の貢献も期待できな人のことである。行為人がいると組織のモラルが低下して、人財 や 人材 が逃げて言ってしまう場合多いらしい。

“人ざい” マトリックスは以下のように修正される。

↑|      |
||      |
|| 人材  | 人財
将|      |
来|―――――――――
性|      |
||\ 人在 |
||  \   | 人済
||人罪 \ |
□+―――――――――
□□――――実績――→ 

|
|

« 新しいプリンターが決まらない | トップページ | ニート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

記事、おもしろく読ませていただきました!
あと「人剤」というのもあるらしいですよ。
これにもいろいろなミーニングがありますが、その人がいるとみんなに元気がでる、モチベーションが上がる、などです。
別の意味で「洗い流される」「ただのかませ犬」という意味合いもあるそうです。

投稿: unikun | 2007/11/06 16:33

unikun さん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

人剤 ですか。それは初耳でした。
モチベーションをあげるということは、“人間着火剤” ということなんでしょうかね。
一方で、「洗い流される」や「かませ犬」は、ある意味正反対の意味ですね。

どちらの意味にしろ、上記のマトリックスに加えるとすると、新たな軸が必要になりそうです。
“組織の活性化”と言えるでしょうか。
その人自身の実績としてはっきり見ることはできないけれど、その人が所属する組織を活性化させたり、停滞させたりする効果ですね。

投稿: マスト | 2007/11/06 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/12086911

この記事へのトラックバック一覧です: 人材、人在、人財 そして 人罪:

« 新しいプリンターが決まらない | トップページ | ニート »