« 人は自分の聞きたいことしか耳に入らない | トップページ | ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス、満足と共にフィナーレ »

2006/12/17

ズボン下

 私は寒いのが嫌いである。暑いのは多少汗をかいたとしても、それほど気にならない。しかし、寒いとそれだけでイライラしてしまう。

 まだ、私が十代、二十代のころ、私の親父は冬になると毎年 “股引” をズボン下としてはいていた(もちろん今でも愛用している)。 そんな姿を見て、当時は、

  「かっこわるっ」

とずっと思っていた。そして、「自分はそんなかっこ悪いものは絶対にはかない」 と心に誓っていた。

 そして今、そのときの親父の歳に、徐々に近づいている自分がいる。そして、ズボン一枚だと股下がスースーと感じるようになった。パソコンの前で椅子に座ってじっとしていると、股下、特に足首の辺りは痛く感じるぐらいに冷たくなってくる。

 背に腹は代えられぬと、よくいくスーパーで、今日、自分用の “ズボン下” を買ってきた。冬物商戦も山場を越えたらしく、半額で売られていたのが買うきっかけとなった。

 家に帰ってさっそくはいてみる。なるほど、肌にぴったりしているので、スースーした感じはなくなった。とはいえ、「ぜんぜん寒くない」 とまではいかないようだ。わざわざ自分で買ってきたのだから、しばらくは毎日はいてすごすつもりでだ。

 自分の子供が思春期になったころ、ズボン下をはいている親父=私を見て、やはり

  「かっこわる~い」

と思うんだろうな~、と思い、なんとなく落ち込む私であった・・・。

|
|

« 人は自分の聞きたいことしか耳に入らない | トップページ | ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス、満足と共にフィナーレ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/13070699

この記事へのトラックバック一覧です: ズボン下:

« 人は自分の聞きたいことしか耳に入らない | トップページ | ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス、満足と共にフィナーレ »