« 私のICMを使った印刷は特別? | トップページ | できるようになる人、できなくなっていく人 (老人介護に思う) »

2007/01/15

鳥ハム スープで海鮮鍋

 スーパーに晩飯を買いに行ったら、海鮮鍋パックが売られていた。あれこれ考えるのもめんどくさいので、「今日は鍋でいいやと」 買い物カゴに放り込んで、その日の晩飯が決まった。

 家に帰ってパックを開けてみると、鍋のダシは入っていなかった。まあ、海鮮物自体がダシになるので別段不思議ではない。

 ふと “鳥ハム スープ”(別名、黄金スープ)があったのを思い出した。前日に鳥ハムを作ったのである。鳥ハム スープとは、鳥ハムを作るときにムネ肉を煮たお湯のことである。普段は野菜スープ等にして消費しているが、今日は鍋のだし汁に、この鳥ハム スープを使うことにした。

 鳥ハム スープは、塩漬けしたムネ肉の塩分がたっぷり溶けているため、けっこうしょっぱい。また、煮立ってくると鳥肉の独特なにおいもする。鳥肉についている脂肪分が、その独特なにおいの原因の大きな一つだったりする。もともとムネ肉についている脂肪はすくない。ムネ肉に残っている脂肪も、塩漬け前にできる限りそぎ落とす。鳥ハム スープは、茹でたムネ肉といっしょに冷蔵庫で冷やす。よって、鳥ハム スープに溶け出した脂肪分は、固まりになって浮いてくる。スープとして使う場合は、もちろん浮いた脂肪分は取り除く。それでも、スープを温めていくと独特のにおいが残っている。

 食べる前は、しょっぱすぎないかと心配していた。しかし、鍋に大量の葉物野菜をいれたおかげか、ちょうどいい塩加減になっていた。鍋の具が茹で上がれば、タレなどつけなくとも十分においしく食べられた。食べているときは鳥くささも気にならなかった。最後はうどんを入れて、鳥と海鮮もののダシがきいたダシ汁ごといただいた。

 鍋に鳥ハム スープ。なかなかナイスな使い方であった。

|
|

« 私のICMを使った印刷は特別? | トップページ | できるようになる人、できなくなっていく人 (老人介護に思う) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/13401027

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥ハム スープで海鮮鍋:

« 私のICMを使った印刷は特別? | トップページ | できるようになる人、できなくなっていく人 (老人介護に思う) »