« ゲシュタルトの祈り | トップページ | 私のICMを使った印刷は特別? »

2007/01/12

Paint Shop Proと選択範囲と印刷 と

 昨年購入した キヤノン PIXUS iP7500 での印刷は、まだ完全には安定していない。ICMを使った印刷や、液晶モニターを5000Kに設定することで、ずいぶんと自分が期待している色や明るさに近い印刷ができるようにはなってきた。それでも、何かの拍子に、「あれっ?」 と思う印刷結果になることがある。今回の話も、そんな話の一つである。

 ある時、同じ画像を何回かに分けて印刷していたところ、同じ画像を同じ条件で印刷しているはずなのに、色や明るさが違って印刷される場合があることに気がついた。自分では、まったく同じ条件で印刷していると思っていたので、最初は、「もしかしたら、一度印刷をしないと、正しい条件がプリンターに伝わらないのか?」 と考えたりもした。しかし、テストで繰り返し印刷をしても、同じ結果で印刷されるため、しばらく謎であった。

 最近になって、その原因がわかった。画像上の選択範囲の有無 と 選択範囲内の色 で印刷結果が変わってきていたのだった。

 これはあくまで、私が使っている “Paint Shop Pro 7.04J” (以下、PSP と略す)での現象である。他の画像編集ソフトには、当てはまらないと思われる。また、同じように Paint Shop Pro 7.04J を使っていても、プリンターなどの条件が変われば、当然、現象が異なると思われる。

 以前の ICM の回で述べたように、現在私は、“モニターのプロファイル + プリンターのプロファイル + 印刷用紙のプロファイル” を指定するモードで、PSP を使っている。モニター上の画像の色とプリンターで印刷した色との類似度が一番高いためである。

 ところで、私は写真を印刷するときに、かならず撮影した日付を写真内に書き込むことにしている。日付の文字は、下地の色に溶け込まれないように “白” にしている。そして、日付を入れるのは写真の修整の最後であり、印刷の直前となる。つまり、印刷するときには、“白”で書き込まれた日付だけが選択された状態になっていたわけである。

 同じ画像を何度か印刷するとき、何らかの拍子で画像をクリックするときがある。すると、日付の選択範囲が外れる。そして、選択範囲が画像上になくなると、印刷結果の色と明るさが変わってくるのであった。

 そのことにようやく気がつき、さっそく自作のカラーチャートでテストをしてみた。

 すると、たしかに 選択範囲の有無、そして 選択範囲の色 で印刷結果が変わったのである。一方、エプソンのプリンターを使っていたときに常用していた、“モニターのプロファイル + プリンターのプロファイル” モードでは、選択範囲が印刷結果に影響を及ぼすことはなかった。

 この現象が、PSP7J の不具合なのか、あるいは、なにかしらの目的を持った仕様なのかは、私にはわからない。ヘルプを見ても、一切情報が載っていないからである。

 いずれにしろ、私が安定して画像を印刷するためには、印刷するまでの手順が一つ増えたということである。“印刷する前には、すべての選択範囲を解除する” という手順が。

|
|

« ゲシュタルトの祈り | トップページ | 私のICMを使った印刷は特別? »

プリンター・ディスプレイ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/13393636

この記事へのトラックバック一覧です: Paint Shop Proと選択範囲と印刷 と:

« ゲシュタルトの祈り | トップページ | 私のICMを使った印刷は特別? »