« ITプロジェクトの実態 | トップページ | CPU と オーバークロック と 劣化 と »

2007/01/31

Windows Vista Upgrade Advisor

 Windows Vista が一般向けに発売された。

 私は手持ちのパソコンを Vista にアップデートする予定はない。何しろ数年~10年も前のパソコンである。Vista がまともに動くとは思っていない。

 とはいうものの、どのあたりがボトルネックになっているかには興味がある。そこで、“Windows Vista Upgrade Advisor” という、マイクロソフトが公式に公開しているツールを動かしてみた。

 こちらのサイトからダウンロードをして、インストールを実行。途中でなにやら 「XML 関係のモジュールをアップデートしろ」 といってきたので、素直にアップデートする。インストールするモジュールは、それほど大きいものではなかったので、インストールはすぐに終わった。

 インストールの終了を示すダイアログを閉じると、さっそく Windows Vista Upgrade Advisor が起動する。使い方は、“Start Scan” ボタンをクリックするだけ。簡単である。クリックすると同時にパソコンのスキャンが始まる。スキャン中の画面には、Windows Vista の四種類あるパッケージの特徴が説明されている。

 予想通り、スキャンにはけっこう時間がかかるようだ。

 待つ・・・。

 待つ・・・。

 待つ・・・。

 待つ・・・。

 待つ・・・。

 待つのにも飽きたので、ほかの事を始めた。そういえば、録画してまだ見てないテレビ番組があったので、それを見ることにした。

 20分ほどテレビ番組を見たあと、飲み物をもってパソコンのところに戻ってきた。

 スキャンは終わっていた。「エラーで中止しました」 のダイアログとともに。orz

 「エラーがでるときは、一度アンインストールをしてから、サイドインストールをしろ」 ということだったので、一度アンインストール ⇒ 念のために再起動 ⇒ インストール ⇒ もう一度再起動 ⇒ Windows Vista Upgrade Advisor の起動、の手順を踏んだ。

 再度の長いスキャンのあと、再びエラーでスキャンが中止。 ○| ̄|_

 これ以上はやるだけ無駄だと思い、すぐに Windows Vista Upgrade Advisor を削除した。

 結局、ツールで調べるまでもなく、私のパソコンで Windows Vista を実行するのは “ムリ” ということですか。そうですか・・・。
(´・ω・`) ショボーン

|
|

« ITプロジェクトの実態 | トップページ | CPU と オーバークロック と 劣化 と »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/13682911

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vista Upgrade Advisor:

« ITプロジェクトの実態 | トップページ | CPU と オーバークロック と 劣化 と »