« 不法コピーに罪の意識が薄いということに、著作権による高額所得は影響していないか | トップページ | 長期にわたる報酬が約束されなければ質の高い作品は作れないのか? »

2007/02/08

とある会社でのソフトウェア使用許諾違反の逸話

 著作権問題について調べたり、書いたりしていたら、思い出した話があった。ということで、今回は著作権問題の余談である。

 私が大学生のころから、すでにパソコンのソフトウェアの不正コピーが横行していた。中には所有している不正コピーの種類の多さを自慢する風潮さえあった。論文の著作権を重視する大学でさえそうだったのだ。一般企業の認識はさらに低いものだった。

 そんな状況で、私が聞いた逸話である。今は IBM ブランドになっている “ロータス” がまだ独立したソフトウェア会社であったころの話である。

 ロータスの日本法人の社長が、主力製品である “ロータス 1-2-3” を大量に購入してくれているある大手メーカーに挨拶に行ったときの話である。その大手メーカーの社長がお茶を持ってきた秘書を指して 「彼女は、毎朝、すべてのパソコンにフロッピーディスクを挿して、ロータス1-2-3を起動する係なんですよ。」 と紹介したそうである。メーカーの社長はロータス1-2-3をいかに多く使っているかをアピールしたかったようである。

 しかし、1枚のフロッピーをつかって複数のパソコン上の1-2-3を起動させる。つまり、オリジナルのディスクは1セットしかなく、それを秘書室にある複数のパソコンで使っていた、ということである。明らかに使用許諾違反である。

 しかも、取り締まるべきソフトメーカーの社長に、堂々とそのことを自慢してしまう。そんな時代であった。

 その後、その大手メーカーが1-2-3を使用しているパソコンの台数分だけパッケージを購入したかどうかまでは、残念ながら記憶していない。

|
|

« 不法コピーに罪の意識が薄いということに、著作権による高額所得は影響していないか | トップページ | 長期にわたる報酬が約束されなければ質の高い作品は作れないのか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/13763082

この記事へのトラックバック一覧です: とある会社でのソフトウェア使用許諾違反の逸話:

« 不法コピーに罪の意識が薄いということに、著作権による高額所得は影響していないか | トップページ | 長期にわたる報酬が約束されなければ質の高い作品は作れないのか? »