« 成長している実感の大切さ | トップページ | “紙” か “プラスチック” かと聞かれたら? »

2007/02/16

いつまで「袋はいりません」といい続けなければならないのか

 私は買い物に行くときに、かならず買い物袋、いわゆる “マイバッグ” をもって行く。

 にもかかわらずお店では、自分から 「袋はいりません。そのままで結構です。」 といわなければ、強制的にビニールの手提げ袋に入れようとする。

 理由はいくつかあろう。

  • ビニール袋に入れるまでがルーチンワークになっているため無意識にやってしまう。
  • ビニールに入れたほうが、代金を支払ったものという区別がつきやすい。
  • 下手に気を利かせて 「ビニール袋はいりますか?」と聞くと気の利かない店と店員と思われる

などなど。

 買い物バッグを推奨している行きつけの大型スーパーでも、ビニール袋が “いらない” 人が、買い物かごに “袋いりませんカード” を準備しなければいけない。買い物バッグ推奨なら、なぜ逆に “袋くださいカード” にしないのだろう。袋をもらう人の方が多いから?袋をもらうのが常識だから? だからこそ、ビニール袋をもらうためには、「意思表示をするという “努力” が必要なんですよ」 というふうに考えてもらうようになってほしい。

 たまに行く生協では、“袋なし&袋有料” がすでに定着している。商店街の小さな店でも、袋を優良にして、「袋1枚につき5円いただきます」 ときちんと説明しているところもある。

 駅前の商店街では、ポスターや街頭放送で 「マイバッグを使いましょう」 と宣伝している。にもかかわらず、その商店街の大半の店では、ビニール袋が “デフォルト” (コンピューター用語で “規定値” のこと) である。そのギャップに、私などは 「ポスターや放送は、『やってますよ』ということを見せるだけで、本当はやる気がないんだろう」 と思ってしまう。商店街として買い物バッグを推奨することが、逆に私には商店街のイメージを悪くしている。

 「ビニール袋をもらうことが当たり前」 と思っている人が大半な現在、手さげ袋を持っている人に 「ビニール袋はご入用ですか?」 と聞いたら、「当たり前だろ! いちいち聞くな!!」 などと怒鳴り散らす人が大量発生しそうではある。

 しかし、ビニール袋の無料&デフォルト サービスはそろそろやめるべきである。ビニール袋を要求する人には、それなりの代価を支払ってもらう時代になっても、そろそろいいころである。

|
|

« 成長している実感の大切さ | トップページ | “紙” か “プラスチック” かと聞かれたら? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/13828282

この記事へのトラックバック一覧です: いつまで「袋はいりません」といい続けなければならないのか:

« 成長している実感の大切さ | トップページ | “紙” か “プラスチック” かと聞かれたら? »