« 【お勧め記事】インクジェット・プリンター論 | トップページ | 忘れ物をしない工夫 »

2007/03/07

コミュニケーションネック社員

ITmedia エンタープライズ
失敗プロジェクトが常態化する開発現場(後編):

“コミュニケーションネック社員”の存在をチェックする
[2007年02月15日]

 こういう記事を読むと、なぜか心当たりのある人物がひとりは思い浮かぶ。その人物は、前の会社で十年ほど前に一緒に働いた同僚だ。私と同じテスターだった。

 記事にある行動様式に照らし合わせて、彼の行動を思い出してみた。

---------------

・ 問題点に気づいていながら自分からは指摘しない

 テスターとしては最悪である。彼とペアを組んでいたプログラマーが、自分の担当した機能がうまく動いていないことに気がついて、彼にテストの具合を聞きにいったところ、

     彼          「でしょ。うまく動いてないですよね。えっ?報告? まだしてませんよ。」
プログラマー 「・・・・・・・」

---------------

・ 議論をしようとすると高圧的な態度で身構える
・ 都合の悪い話にはあからさまに不機嫌になる

 ぴったりこの項目に当てはまる内容ではないが、上司から別のチームに移動することを指示されたときに、彼は、「女子供に命令されたくない」 とはっきりいったという話を人づてに聞いた。新しいチームのマネージャーが彼より年下だったらしい。

---------------

 その彼は、その後いくつかの部署を転々として、結局は退職せざるを得なくなったという話を、風のうわさで聞いた。

 とこのような話を書きながら、自分はそういう状況には陥るまいと、思うのであった。

|
|

« 【お勧め記事】インクジェット・プリンター論 | トップページ | 忘れ物をしない工夫 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/14139748

この記事へのトラックバック一覧です: コミュニケーションネック社員:

« 【お勧め記事】インクジェット・プリンター論 | トップページ | 忘れ物をしない工夫 »