« 中途半端な業界人はトレンドを見誤る | トップページ | シャカ♪シャカ♪シャカ♪シャカ♪ »

2007/04/24

振って遊べるケータイ登場

 すでにニュースを読んで知っている方も多いと思う。加速度センサーを内蔵したケータイ電話が発表された。

加速度センサーを搭載した薄型スライド端末「D904i」
 ケータイ Watch  [2007/4/23]

 三菱電機は、今年の2月に二画面液晶の D800iDS を発売している。二画面液晶といい、加速度センサーといい、ニンテンドーの DS と Wii を連想してしまうのは、私だけではあるまい。

 ギミック好きのハートをくすぐる加速度センサーなのだが、その加速度センサーを活かすものが、今のところ 「直感ゲーム」 だけというのが残念である。ケータイを振ってメール本文を表示したり、再生中の音楽を次に飛ばす、というのはなんか違う気がする。振るなどというあいまいさの大きい動作では、確実な操作は行えない。あいまいさの大きな音声入力より、確実入力のキーボード入力の方が、結果的には効率的に入力できるのと同じ理屈だ。

 比較的よいと思われる使い方は、横長の画像を再生しているときに、ケータイを90度傾けると画像も90度回転して見やすくなることぐらいか。これとて、一眼レフデジカメでは、すでに使われている技術であり、特に目新しいものでもない。

 とはいえ、これまでケータイは様々なものを取り込んできた。“メール”、“カメラ”、“GPS”、“赤外線通信”、“電子マネー”、“音楽再生” などなど。そして今後もさらにいろいろなものを取り込んでいくと予想される。

 そこで期待することは、既存の機能や今はない機能と連携をして、加速度センサーが思わぬケータイの使い方を見せてくれることである。(ただし、Wii のリモコンとしても使える、というのはなしの方向で(笑))

 もちろん、今回限りで消え去ってしまう可能性も十分に考えられるのだが。(^_^;)

|
|

« 中途半端な業界人はトレンドを見誤る | トップページ | シャカ♪シャカ♪シャカ♪シャカ♪ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/14825472

この記事へのトラックバック一覧です: 振って遊べるケータイ登場:

« 中途半端な業界人はトレンドを見誤る | トップページ | シャカ♪シャカ♪シャカ♪シャカ♪ »