« 結果の出ない努力をどう評価するか | トップページ | ゴム手袋 と プラスチック手袋 »

2007/05/19

もしかしたら Microsoft は戦う相手を間違えたのか?

任天堂快進撃の秘訣は「誰でも遊べそう」だから
  夕刊フジBLOG
    [2007年5月18日]

 任天堂の DS と Wii が破竹の勢いだ。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □

 ウソかホントか知らないが、Microsoft が XBOX 事業を始めた理由は、ソニーにリビング・コンピュータの地位を独占させたくなかったため、という話を聞いたことがある。

 PlayStation、PlayStation 2 と十年にわたり、家庭用ゲーム機の主流を占めてきたソニーは、PlayStation を入り口として、リビング・コンピュータ、ひいては ホーム・コンピュータ・システムを、将来、独占するかもしれない、と予測したとしてもけっして変ではなかった。むしろ、その可能性は大きいようにも思えた。

 コンピュータ業界で主導的な地位を維持したい Microsoft としては、そんな状況を指をくわえてみているはずもない。初代 XBOX ですでに、ネットワーク機能を取り入れてソニーの先手を取った。XBOX 360 では、オンラインゲームがメインになるほどの力の入れようだ。

 そうやって、リビングの覇権を握ろうと、XBOX と PlayStation がこぞってネットワーク機能、インターネット接続を前面に出して戦っていた。

 ところが、ティラノサウルスとスピノサウルスが格闘するがごとく、Microsoft と ソニー が殴り合っている横を、イソップ寓話 “ウサギとカメ” のカメのごとくに、任天堂がいつの間にかリビングへの道の先頭を走って(歩いて?)いる状況になってしまった。

 今の状況をそのまま延長していくと、多くの家庭では、

  • Wii でゲームをして、
  • Wii で Web ページを閲覧して、
  • Wii で YouTube を流し見して、
  • Wii で他人とオンライン・コミュニケーションをする、

状況が生まれる。Micorsoft と ソニーが求めてやまなかった地位に、リモコン と ヌンチャク で 任天堂 Wii がつくことになる予想ができてしまう。

 もちろん、今の Wii では大容量の保存媒体を内蔵していないし、できることも限られている。よって、今のままで Wii がホーム・コンピュータの中枢になるとも思えない。

 そんなことよりも、本体(CPUやGPU)の性能ではなく、“低価格” と “わかりやすいインタフェース” と “使って楽しいコンテンツ” によって、Wii がホーム・コンピュータの中心に置かれようとしている事実が、私にはとにかく興味深い。

|
|

« 結果の出ない努力をどう評価するか | トップページ | ゴム手袋 と プラスチック手袋 »

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/15118014

この記事へのトラックバック一覧です: もしかしたら Microsoft は戦う相手を間違えたのか?:

» 将来のテレビはホームメニューから始まる・・・かもしれない [今日思うこと]
 以前にも 任天堂 Wii がホームコンピュータ、リビングルームコンピュータにな [続きを読む]

受信: 2008/03/10 00:03

« 結果の出ない努力をどう評価するか | トップページ | ゴム手袋 と プラスチック手袋 »