« 500円の価値 | トップページ | 普及しないのには理由がある »

2007/06/01

禁煙者の増加は大歓迎

非喫煙者が88%
 共同通信社 [2007年5月31日]

 『「喫煙をしたことがない」が76%、「喫煙をやめた」が12%、と計88%がたばこを吸わない』 というのは、少し前の全体的な統計発表からすると、かなり少ない数字だ。

男性喫煙率4割切る 女性横ばい11・3%
 読売新聞 [2007年5月17日]

 2005年からの1年間でさらに禁煙者が増加したのか、若い世代が平均より一段高い禁煙率なのかはわからない。いずれにしても、若い世代の禁煙率が高いということは、将来的にも禁煙率が高くなるということだ。嫌煙家の私としては、大変喜ばしい傾向だ。ちなみに、タバコには経済的な利点よりも、医療費をはじめとした損失のほうが二倍になるという試算もあるようだ。

★タバコによる社会的損害★
 洲本市禁煙支援センター

 人前で平気でタバコを吸う政治屋が多数存在する現在では、日本がブータンのようなタバコ販売全面禁止になることはありえないだろう。しかし、少しはなれたところでタバコに火をつけられただけで、すぐににおいに気がつき、とても不快な気持ちになる私としては、一日でも早く、公共の場での罰則付き全面禁煙になることを願うばかりである。

 それにしても、禁煙者が過半数を占める現状においても、禁煙場所が明示されたり、わざわざ禁煙タクシーであることを示さなければいけないのも不思議な話だ。少数の喫煙者のためのサービスならば、“喫煙可” が指定されたり、喫煙タクシーが明示されるのが当然のような気がしている。さらに、未成年者の喫煙。明らかなルール違反であるにもかかわらず、いまだに 「しかたがない」 と思われている悪しき社会通念は、本当に一刻も早くなくなって欲しいものだ。

|
|

« 500円の価値 | トップページ | 普及しないのには理由がある »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/15269377

この記事へのトラックバック一覧です: 禁煙者の増加は大歓迎:

« 500円の価値 | トップページ | 普及しないのには理由がある »