« 【お勧めコラム】 『Wii』崩壊の日は来るか―ゲーマー4類型論で分析 | トップページ | いい父親 vs わるい父親 【ドラゴンボール編】 »

2007/07/11

アリの巣観察 九日目

 巣の形は前回からあまり変わっていないので、今回は写真はなし。

 四日目あたりから巣をぜんぜん掘らなくなった。一番深い穴でも2cmほどである。

 五日目あたりから、アリが定期的に死に始める。

 九日目時点で、生存しているアリは9匹。初日に捕まえたときの三分の一以下の数に減ってしまった。しかも、残っている9匹もあまり活発に動いていない。同じ巣穴から働き手を追加募集しようかとも思ったが、この状態では補充要員が来ても、やはり巣穴を掘り進めないのではないかと心配した。

 そこで、アリの飼育をした人の日記を調べることにした。アントクアリウムが発売された時に、アリの飼育がプチブームになったときがあったので、結構な数の日記が見つかった。そして、いくつかに共通していたのが、“数日” で捕まえたアリが全滅してしまうことだ。また、何ヶ月もアリを生かすことに成功した人達は、土台にもなっているゼリーだけでなく、他にきちんとした餌を与えていることもわかった。

 そこで私も餌を与えてみることにした。カブトムシ用のゼリーがよいとのことだったが、手持ちがないので、ジャムを与えてみることにした。土台のゼリーにつかないように、アルミホイルをひいて、その上に少量のジャムを落とした。

 すると、残っていた9匹のアリたちがワラワラと寄ってきて、ジャムに頭を突っ込み始めた。数分頭をジャムにつけていただろうか。その後は、ジャムから離れて今までにないくらい元気に歩き回っている。何というか・・・、おなかがすいていたらしい。(´・ω・`)

 そして、これまでに死んだアリたちは、餓死だった可能性が・・・。ごめんよぉ~
○| ̄|_
同じアリ観察キットを使っていて、アリの急逝に悩んでいる方がいたら、説明書を疑って、ちゃんとした餌を与えてみることをお勧めする。

 元気に歩き回っているとはいえ、あいかわらず穴を掘り進める気はないらしい。まだまだ安心は出来ない。

|
|

« 【お勧めコラム】 『Wii』崩壊の日は来るか―ゲーマー4類型論で分析 | トップページ | いい父親 vs わるい父親 【ドラゴンボール編】 »

アリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/15716409

この記事へのトラックバック一覧です: アリの巣観察 九日目:

« 【お勧めコラム】 『Wii』崩壊の日は来るか―ゲーマー4類型論で分析 | トップページ | いい父親 vs わるい父親 【ドラゴンボール編】 »