« 自己防衛 その3 -食品- | トップページ | アリの巣観察 リセット中 »

2007/07/18

遅れず、休まず、働かず

 「遅れず、休まず、働かず」 とは、役人・公務員の働きぶりを揶揄した言い方だそうだ。

  • 「遅れず」 = 役所への出勤に遅刻することはない
  • 「休まず」 = 役所を休むことはしない
  • 「働かず」 = 役所にいても仕事はしない

という意味らしい。仕事をしなくても、役所に遅刻せずに出勤していれば、給料が保証される。なんともうらやましい限りだ。そういえば、5年半で8日だけ出勤して、なおかつ退職にもならずに給与をもらい続けた人もいた。これなど 「休んで、働かず」 だ。大企業でも 「遅れず、休まず、働かず」 が通用するらしい。そういう大企業は、いわゆる “官僚化” したということなのだろう。(苦笑)

 こんな話を思い出したのも、こんな↓ニュースがあったからだ。

生活保護、不法に廃止 収入など調べず 北九州の孤独死
  [2007年7月14日]

 役所の担当者は、生活保護をなるべく支給しないようにすることが仕事だから、その意味では仕事をしたということか。(もちろん皮肉だ。)

 それにしても、役所間の連携の悪さは目に余る。

  • 北九州市側  「判決は知らなかった」
  • 厚生労働省側  「北九州市は当然認識していると思っていた」

もー、アホかと。言い訳に終始しているコメントも、腹が立つことこの上ない。ミートホープの牛肉偽装事件のときも、以前に寄せられた内部告発を地元の役所が握りつぶしていたとか。

 これまでは、役所・役人に問題が見つかっても、国民のため、少なくとも自分のための仕事はしてくれていると、国民に思われていたから、多少の不祥事は許されてきた感じがあった。しかし、年金問題で役人は、役人以外を食い物にしていることが、多くの国民の共通認識になりつつある。これで、“役所・役人は頼るものではなく、監視すべきものである” という認識が、日本に根付くことを切に願う。

|
|

« 自己防衛 その3 -食品- | トップページ | アリの巣観察 リセット中 »

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/15796714

この記事へのトラックバック一覧です: 遅れず、休まず、働かず:

» 当て逃げ男、書類送検 [今日思うこと]
 以前記事にした “当て逃げ男” が、書類送検された。  きちんと捜査すれば、犯 [続きを読む]

受信: 2007/08/03 07:45

« 自己防衛 その3 -食品- | トップページ | アリの巣観察 リセット中 »