« アリの巣観察 クロオオアリ:四日目 | トップページ | ココログのメンテ、長すぎ~ »

2007/07/24

アリの巣観察 クロオオアリ:五日目 Uターン

 前日、「クロオオアリが穴掘りに飽きた」 という話をしたが、どうも早計だったようだ。今日も一生懸命穴掘りをしていた。ただ、3分掘って、2~3時間地上をぶらぶらするサイクルで掘削作業をしているようだった。

 二日目に横穴を掘っていると思っていたら、今日は上に向かって掘り始めた。そして半日で地上へのもう一つの出口を作ってしまった。

  Ants010

 これを見てすぐに気がついたのが、最初に捕まえてきた小さいアリたちが途中まで掘った穴だ。それがこちら↓。

  Ants011

 倍率は同じなので、大きさは明らかに違うものの、極めて似た形をしている。穴を掘っていたアリたちが急逝したので、二つ目の入り口は結局作られずに終わってしまったが、順調に掘り進んでいれば、おそらく出入り口は二つになっていたと思われる。

 大きさも種類も違う二種のアリが同じような行動を取る。やはりそこには、何らかの理由があると考えるのが妥当であろう。

  • 通気性の確保
  • 外敵に侵入されたときの逃げ道の確保
  • 巣への出入りの効率化

などが考えられる。インターネット上で簡単に調べた限りでは、このことに関する記述はなかった。

 いずれにしろ、このまま穴を掘り続けてくれるのならば、今しばらくクロオオアリ君一匹にがんばってもらおうと思っている。大きな体でジェルをガシガシ崩している姿も、崩したジェルをかき集める姿も、集めたジェルを地上に運ぶ姿も、見ていて飽きない。

|
|

« アリの巣観察 クロオオアリ:四日目 | トップページ | ココログのメンテ、長すぎ~ »

アリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/15858557

この記事へのトラックバック一覧です: アリの巣観察 クロオオアリ:五日目 Uターン:

« アリの巣観察 クロオオアリ:四日目 | トップページ | ココログのメンテ、長すぎ~ »