« 旅行疲れ | トップページ | 当て逃げ男、書類送検 »

2007/08/02

アリの巣観察 クロヤマアリ補完計画:八日目

 私が旅行に行っている間も、アリたちは地道に巣を拡張していた。

  Ants017

 五日目の写真と比較してもらうとよくわかる。左側の穴が、五日目では、アリが一匹はいるくらいのくぼみだった。それが三日間で最深部まで掘り進んでしまった。この後、左の穴の先端を拡張するのか、底に沿って掘り進むのか、放置するのか、興味深く見守っている。

 五日目に最深部に到達した右の穴は、容器の底に沿って大きく拡張している。この部屋はどうやらサナギの置き場所になったようだ。底面はプラスチックで乾燥しているので、サナギの置き場所に適しているのだろう。あるいは、安全面で巣穴から一番遠いところに保管しているのかもしれない。

 ときおり、地上にサナギの抜け殻が放置されるので、サナギから順調に成虫に変態しているようだ。白アリは上の部屋に見えないので、おそらくサナギと一緒に、底の部屋にいるのだろう。

 サナギがすべて底の部屋に移動したことで、上の部屋は成虫の休憩所になったようだ。上の部屋にサナギが置かれていた頃には、数匹~十匹ほどが常に地上で動き回っていた。サナギが底の部屋に移動してからは、大部分の成虫は、上の部屋でじっとしており、地上で動き回っているのは1~3匹ほどである。

 それでも、夜、家族が寝静まってからのぞいてみると、数匹が地上で動き回っている。翌朝には、地上のジェルの削りカスが増えていることから、靴屋の小人さんのごとく、夜中に働いているのだろう。

|
|

« 旅行疲れ | トップページ | 当て逃げ男、書類送検 »

アリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/15982645

この記事へのトラックバック一覧です: アリの巣観察 クロヤマアリ補完計画:八日目:

« 旅行疲れ | トップページ | 当て逃げ男、書類送検 »