« 奈良の妊婦たらい回し事件に思う | トップページ | 残すべきか、外すべきか »

2007/09/10

やっぱり前科があったのね、Norton 360

 昨日、巨大掲示板のあるスレッドを見ていたら、こんな記事が紹介されていた。

中国ユーザーを激怒させたシマンテック「誤作動問題」の事後対応
 NIKKEI NET IT-PLUS [2007年6月5日]

 三ヶ月前の話なのだが、当時はぜんぜん知らなかった。

 この問題を起こしたソフトが何なのかはわからない。問題は、該当のソフトを入れているほとんどのパソコンで発生したようだ。さらに、簡体字中国語版でしか発生しないらしい。そう考えると、私が遭遇した問題とは異なるといわれるかもしれない。

 しかし、私はまったく別な問題とは考えていない。このときは、たまたま中国語版でしか発生しなかっただけで、潜在的な問題は、最初の米国版からあったと想像できる。そして、そういった潜在的な問題が、私が遭遇した、設定の不整合によるシステムファイルの削除、につながったと思っている。

 問題に対する対応の仕方も、私がよく知っているシマンテックそのものだ。

 中国での問題では、当事者意識がなく、ただ、形式にのっとって公式発表を行ったようにしか見えない。私がサポートに問い合わせたときも、まず、問題を把握しようという気持ちが感じられなかった。とにかく、表面的に見える事象を聞き出して、該当しそうな定型文をこちらに伝える、という対応をされた記憶しかない。

 こなると、これはその企業の文化だと考えていいだろう。「とりあえず、作りました」、「買ってくれてありがとう」、「あとは問題が起こっても知りません」 では、普通に考えれば、今の時代で生き残れるはずがない。

 ところが、シマンテックはセキュリティソフト業界でトップクラスの会社だ。それは、シマンテック以外のセキュリティソフト会社の品質に対する姿勢が、似たり寄ったのためだと思っている。少なくとも、あちこちの掲示板で見聞きするセキュリティソフト会社の対応で、「すばらしい」 という話は、聞いたことがない。

 これから、ますますセキュリティに対する重要度が増す中で、一日も早い “近代化” したセキュリティソフト会社が現れて欲しいものである。

|
|

« 奈良の妊婦たらい回し事件に思う | トップページ | 残すべきか、外すべきか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/16396503

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり前科があったのね、Norton 360:

« 奈良の妊婦たらい回し事件に思う | トップページ | 残すべきか、外すべきか »