« ケータイの設定は、なぜこんなにめんどくさい? | トップページ | 新自由主義 と 新保守主義、なるほど »

2007/09/18

エセ改革は、もうたくさん

 安倍坊ちゃんが投げ出してしまったため、自民党の総裁選の真っ最中だ。麻生、福田両氏が、立候補している。

 両氏の発言を聞いていて、私が気になったのは、

「これまでの改革を継続しつつ、格差の是正に努める」

と訴えている点だ。

 自民党が言うところの改革とは何か? 少し前の記事あとここも)で書いたように、それは、政治や経済の中枢にいる人たちへの、富の集中だ。つまり、両氏とも、「自分達やその周辺に富が集中する政治システムを継続・強化する」、と宣言したことになる。「ただし、行き過ぎると、おこぼれにあずかれない多くの人たちの不満が爆発して、自分達の地位が危なくなるので、多少今よりも配分額を多くします」 と言っているに過ぎない。

 “改革” とは便利な言葉だ。“改革” といわれて、あからさまにそれを反対できる人は、そう多くない。そして、“改革” に賛成するとき、人は自分にとって都合のいい改革を思い浮かべる。小泉氏は、それを巧みに利用したと言っていいだろう。

 しかし、そろそろ多くの人たちが、その “エセ改革” に気がつき始めている。自民党の言う “改革” が、自分も含めた多くの人たちにとっては、改革ではなく、改悪であることに気づき始めている。

 “改革” という甘い言葉におどろされるのではなく、やっていることの本質を見て政治家を選ばなければいけない。後から振り返ってみて、「本当の意味で日本社会が民主化が始まったのは、この時期である」 と、いわれるようになるのではないかと、私は思っている。

|
|

« ケータイの設定は、なぜこんなにめんどくさい? | トップページ | 新自由主義 と 新保守主義、なるほど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/16488614

この記事へのトラックバック一覧です: エセ改革は、もうたくさん:

« ケータイの設定は、なぜこんなにめんどくさい? | トップページ | 新自由主義 と 新保守主義、なるほど »