« JAVA、終われません (前編) | トップページ | JAVA、たいへんです »

2007/10/27

JAVA、終われません (後編)

 私が オープンアプリ の作り方を覚えるに当たって、まず参考にさせてもらったのが、こちらのサイトだ。

【アプリ×ゲット】 アプリ開発講座

 開発環境も、この講座に従い “J2ME Wirless Toolkit 2.2” から使い始めた。もっとも、サンプルを一つ作った直後には開発環境を、以前話した “NetBeans IDE 5.5.1” + “Mobility Pack” に切り替えたのだが。

 さて、この アプリ開発講座、ずぶの素人の私でも簡単にサンプルアプリが作れてしまう優れものだ。

 しかしである、サンプルには “終了コマンド” がない。私がまっさきに実装したい 終了コマンド のサンプルがないのだ。

 NetBeans IDE には、フォームでアプリを作成する機能がある。そしてフォームには、終了コマンド を含めた主要なコマンドを、ドラッグアンドドロップで組み込むことができるようになっている。フォームで組み込んだコマンドは、自動的にソースに記述されるので、該当部分をコピーペーストして、最初に作ったサンプルに組み込んでみた。

 ダメだった。JAVA をまだよく理解していない頭では、構文エラーばかり起こしてまともに動くコードはかけなかった。

 仕方がないので、インターネット上を検索してみる。

 そうしたら、ちゃんとあるではないか。私が期待していたサイトが。

My First JAVA   ~ J2ME MIDP で遊ぼう by 山下利夫

 このサイトの 第3回 に、ずばり “終了コマンドの実装” そのものが紹介されている。そして、こちらのサイトのお世話になって、ようやく “ボタンで終了してオープンアプリ プレーヤーに戻れる 「Hello World」” を作ることができた。

□ □ □ □ □ □ □ □ □ □

今回の覚書:

 終了コマンドを実装する手順。

  1. クラス定義に  implements CommandListener  を記述
  2. Command クラスのオブジェクト exitCommand を生成
  3. addCommand() メソッドでコマンドを追加
  4. setCommandListener() メソッドでコマンドの受け取りを登録
  5. commandAction() メソッドの中にイベントの処理を記述
  6. notifyDestroyed() メソッドでアプリケーションを終了

|
|

« JAVA、終われません (前編) | トップページ | JAVA、たいへんです »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/16873387

この記事へのトラックバック一覧です: JAVA、終われません (後編):

« JAVA、終われません (前編) | トップページ | JAVA、たいへんです »