« 「増加は不要」 ということは、「増加が必要」ということ | トップページ | 【工作】 コンバージョンレンズ アダプタ »

2007/10/08

歴史は繰り返す

ミクシィデザイン変更で大混乱 ビスタもマックも使えない!
 J-CASTニュース [2007年10月06日]

 なにやら mixi が大混乱らしい。

 私は mixi に登録していない。それどころか一度も見たことがない。なので、何が起こっているかは、こういったニュースでしか知らない。

 とはいえ、“古いOS環境で使えなくなる”、“新しいOS環境で問題が多発する” というのは、私もずいぶんと経験した。Windows 用のアプリケーションの開発に携わっていた頃の話だ。

 そういった問題が起こる主な原因は、二つある。

  1. 新しいソフトウェアのサポートする環境を決める過程で、決定者が古い環境での使用者の数を過少に見積もる。
  2. テスティングにおいて、環境のバリエーションを見落として、十分なテストを行わなかった。

 どちらも、頻繁に起こる問題だ。

 私のいたチームでは、1.の問題を回避するため、特別な理由がない限り、以前にサポートしていたOS環境もサポートする、原則を持っていた。2.の問題を回避するために、テストの準備段階で、徹底的にテストケースの文書化を行う。さらに、作ったテストケースのレビューも数度にわたって行い、テストケース漏れがないように、ダブルチェック、トリプルチェックを行うようになった。

 mixi 運営側の以下のコメントにも、陥りやすい罠に、はまっているにおいがした。

  • ユーザーの皆様にとって、より見やすくご利用いただきすいサイトへと、順次リニューアルを進めております。
  • 『見やすくなった』『使いやすい』などといった肯定的なご意見も多くいただいており
  • リニューアルからまだ間もないですので

 開発部隊は、とにかく次々に新しい物を作りたがる。問題のない既存のものも、「新しい技術を使ってみたい」 という理由だけで、新しいものに作り変えたがる。ところが、新しい機能、高度な機能と引き換えに、以前あった些細な機能が使えなくなる場合がよくある。「トータルでよくなったから、問題ないよね」 と、古い機能の維持管理をやりたがらない。これが後で大きな問題を起こす場合が多い。

 私もずいぶん昔に、「もう誰も使ってないよね」 とタカをくくって、新しいバージョンで古い機能の維持しない決定をしたことがあった。ここまで読めばお分かりのように、その古い機能を落としたことで、大きな問題を起こした。

 あくまで私の感覚だが、mixi のシステム開発は、若い人たちだけでやっているように感じた。技術力はあるが、経験がない。過去に大きなプロジェクトで、大きな失敗を経験した人が、開発の中心人物としていれば、ここまで大きな問題にならなかったのでは?とも感じた。

 私も含めて、パソコンのソフトウェア開発で失敗したことの多くは、過去にメインフレーム開発で失敗したことでもあった。そして今、同じような失敗を、インターネット上の Web ベース ソフトウェアの開発で繰り返そうとしている。

 「歴史は繰り返す」。人が過去の失敗から事前に学ぶことは、なかなか難しい・・・。

|
|

« 「増加は不要」 ということは、「増加が必要」ということ | トップページ | 【工作】 コンバージョンレンズ アダプタ »

テスティング」カテゴリの記事

ユーザビリティ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/16678630

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史は繰り返す:

« 「増加は不要」 ということは、「増加が必要」ということ | トップページ | 【工作】 コンバージョンレンズ アダプタ »