« 探して、なければ、作ってしまえ | トップページ | Flash Lite コンテンツ製作顛末記 その1 »

2007/10/16

出来上がった “お買い物用電卓”

 出来上がった “お買い物用電卓” がこれだ。

ダウンロード ShopCalc.swf (25.6K)

 興味が出たら、ぜひケータイにダウンロードして使ってみていただきたい。そして、感想をコメントに書き込んでもらえれば、さらにうれしい。

 パソコンでダウンロードしてから、ケータイにケーブル転送すれば使える。メールに添付してケータイに送っても、私のケータイでは使えた。ダウンロード URL http://mast.cocolog-nifty.com/main/images/ShopCalc.swf をメールでケータイに通知して、ケータイから URL にアクセスすることも可能だ。

 動作を確認は、手持ちの W52P と A5507SA でしている。Flash Lite 1.1 に対応しているケータイならば、おそらく動くと思われる。

 ケータイでの使用を前提にしているため、パソコン上での使い勝手には若干の無理がある。パソコン上だと、ボタンがずれているように見えるが、ケータイ上だとなぜかきれいに表示される。

---------------

 使い方:

 数字入力は、ケータイの数字を押す。そのまま 入力窓 に表示される。

 “#”キーを押すと、小数点を入力できる。

 “*”キーは、C(クリア) と AC(オールクリア) キーを兼用している。入力窓の上に、入力済みの数字と演算子が表示されていて、かつ、入力窓に 0 以外の数字が入力されている場合は、クリアキーとして働く。クリアキーは、入力窓のみを 0 に戻して、入力済みの数字と演算子は、そのまま残す。
 入力窓が 0 のときは、オールクリアキーとして働く。入力済みの数字と演算子を消去して、入力窓も 0 に戻す。
 一つ目の数字と演算子を入力済みで、二つ目の数字を入力中の場合、*キーを二回押すと、まっさらな状態になる。
 *キーで、履歴を消去することはない。履歴を消去する方法は準備していない。

 演算子の選択は、カーソルキーの↑と↓を使う。一度↓を押すと、黄色い枠が +ボタン に表示されるはず。黄色い枠がついたボタンが、決定キーで実行できるボタンだ。

 一度、演算子ボタンを押すと、入力した数字と演算子が、入力窓の上に表示される。入力窓は 0 になる。再度、数字を入力して、演算子ボタンのどれかを押すと、計算結果が履歴の一番下に表示される。二回目の数字入力後の演算子ボタンは、すべて “=” として機能する。

 一回以上計算した後は、履歴の計算結果が使える。カーソルキーの↑を押していくと、黄色い枠が履歴窓に移動する。目的の計算結果に黄色い枠をもっていってから、決定キーを押すと、計算結果が入力窓に入力される。

 “割引”キーは、割引を計算する演算子。「X 割引」 の X を二つ目の数値で入力する。「Y %引き」 のときは、Y を10分の1にして二つ目の数値にする。
 元の金額を A 円、割引を B とすると、{A -A×B÷10} を計算する。

 “単価”キーは、100グラムあたりの単価を計算する演算子。肉や魚はよく “100グラム当たり いくら” で売られている。それに特化した演算子が 単価キー である。
 総額 C 円、重さ D グラム とすると、{C ÷ D × 100} を計算する。頭の中で100倍にしてもよいのだが、よく使う計算なのであえて作ってみた。

 “+/-” と “1/x” キーは、それ以外の演算子と動作が異なる。この二つのキーを押した瞬間に、入力窓に表示されている数値を計算して、即座に入力枠に表示をする。入力済みの一つ目の数値と演算子には影響しない。影響もされない。

 “+/-”キーは、入力窓の数値の符号を反転させる。ほとんど使わないと思ったが、念のために付けた。

 “1/x”キーは、入力窓の数値の逆数を入力窓に表示する。割る数字と割られる数字を間違えたときに、よく使うので付けた。

 パソコン上でマウスを使って操作をするときだけの制限。
 数字、小数点および、C/CA はマウスでクリックできない。一見ボタンのように見えるが、実際はボタンのように見せている絵である。逆に履歴は、ボタンに見えないが、クリックで入力窓に入力できる。

|
|

« 探して、なければ、作ってしまえ | トップページ | Flash Lite コンテンツ製作顛末記 その1 »

テスティング」カテゴリの記事

ユーザビリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/16767522

この記事へのトラックバック一覧です: 出来上がった “お買い物用電卓”:

« 探して、なければ、作ってしまえ | トップページ | Flash Lite コンテンツ製作顛末記 その1 »