« いやなことは我慢しなくてよいと思う | トップページ | 役人の我田引水 »

2007/10/12

PowerX Hard Disk Manager 7.0

 少し前に、ハードディスクが故障してファイルを失った記事を書いた。その事件以降に、大容量のハードディスクを外付けにして、毎日バックアップを取っている。そのバックアップのために選んだソフトが、PowerX Hard Disk Manager 7.0 (以後、HDM7と略)だ。

 このソフト一本で、バックアップ、ドライブやパーティションのコピー、パーティション操作、デフラグ、などが行える点が選んだ理由だ。

 実際に使ってみての感想は、

  • システムドライブのバックアップが Windows 上で行えるのが便利
  • ハードディスクを丸ごとイメージ・バックアップできるので、リストアしたハードディスクで起動ができる
  • パーティションのコピーにより、予備の起動パーティションをバックアップ用ハードディスクにすばやく作れる
  • Windows 標準のデフラグより高度なデフラグが行える

といった点が、評価できる点だ。

 一方で、

  • 理由はよくわからないが、特定のパーティションでデフラグをするとアプリケーションエラーになる
  • Windows 起動後に接続したハードディスクでは、二つ目パーティションにアクセス不可

という問題もある。

 アプリケーションエラーの問題は、サポートに問い合わせているものの、サポートの反応は極めて悪い。よくある 「お客様のご使用になっている環境に問題があるんじゃないですか?」 というニュアンスの回答をよこす。そして、それっきり音信不通だ。製品自体は Paragon Software のローカライズ版のようなので、NetJapan自身ではよくわからないと言うのが、実情なのだろう。

 というような状況から、HDM7 は、あまりお勧めできない。Norton 360 よりははるかにましなのだが。(苦笑)

 単純にバックアップを目的にするのであれば、Acronis True Image 10 Home がよさそうだ。

 さらに言えば、Seagate ハードディスク ユーザー限定ではあるが、Seagate DiscWizard が True Image 10 の簡易版になっている。Windows のままシステムドライブをバックアップできない。差分バックアップもできない。基本は、起動用のDVD-R ディスクを作成して、DVD-R から DiscWizard を起動する。そして、起動パーティションを丸々バックアップする。余計なツールはインストールしたくない人には、十分なツールだと思う。

 いずれにしろ、最近の私の日課は、“一日一バックアップ” だ。

|
|

« いやなことは我慢しなくてよいと思う | トップページ | 役人の我田引水 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/16736359

この記事へのトラックバック一覧です: PowerX Hard Disk Manager 7.0:

« いやなことは我慢しなくてよいと思う | トップページ | 役人の我田引水 »