« 考えたらテレビ欄は非効率だよね | トップページ | 私のケータイ予想 -大画面化- »

2008/01/12

鼻づまり、どうしよう

 冬場になると、鼻がつまり気味になって苦労している。夏場はそんなことはないのだけれど。気温が下がり、空気が乾燥すると、症状が出てくるのは、よくあることらしい。

 鼻がつまると口で呼吸をすることになり、夜寝ているときのいびきがひどくなる。自分では気がつかないのだが、カミさんからしょっちゅう文句を言われるようになる。

 ひどいときは、鼻がつまって息苦しくなり、目を覚ましてしまう。そのために寝不足になるときもある。

 鼻がつまっても、寝ている間は一生懸命鼻で息をしようとするらしく、起きたときに肩がこっているときもある。身体を休めるために寝るはずなのに、寝ているとかえって肩がこってしまうというのは、困ったものだ。

 当然、鼻づまり対策に、いろいろ試してはいる。

 ブリーズライトのような、鼻にプレート入りのシールを貼るタイプ。使い捨てなのでどうしてもコストがかかってしまう。私に対しては、効果も小さかったので、何回か試してやめた。

 コの字型をしたゴムを、鼻の穴に突っ込むタイプの器具も試してみた。ほとんど効果がなかった。寝ている間によく脱落したし。

 市販の点鼻薬。一番効果がある。今も継続的に使用している。問題は効果時間が短いこと。数時間に一回という注意書きがあるものの、状況によっては、その数時間の間に効果がなくなる。

 市販の鼻炎用飲み薬。最近よくある、水なしで飲めるタイプを試してみた。どうやら対象となる症状ではなかったらしく、効果がなかった。

 マスクをして寝る。それなりに効果がある。湿った暖かい空気を吸い込むおかげだろう。ただし、寝ている間に取れてしまうことが多い。

 インターネット上を調べてみると、鼻づまりで悩んでいる人は少なくない。

 そして、治療体験談として多く紹介されているのは、専門医のところにいって手術をしてもらうことだ。最近では、レーザーで鼻の中の粘膜を焼く手術が、流行っているようだ。

 私は軽度の花粉症を持っているし、父親も鼻づまりでずっと苦しんでいるので、遺伝によるものもあるのだろう。

 今のところは、生活に極度の支障があるほどではないので、対処療法でしのいでいる。しかし、いっそのこと専門医のところにいって、根本的な治療をしてもらうほうがいいのではないかと考えるようにもなり、悩んでいる。

|
|

« 考えたらテレビ欄は非効率だよね | トップページ | 私のケータイ予想 -大画面化- »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/17665414

この記事へのトラックバック一覧です: 鼻づまり、どうしよう:

« 考えたらテレビ欄は非効率だよね | トップページ | 私のケータイ予想 -大画面化- »