« 赤外線温度センサーは優れものだった | トップページ | UGCから世界経済を妄想してみた »

2008/01/28

風邪をひいた時は外出するもんじゃないな

 二年ぶりにひどい風邪をひいてしまった。といっても、咳や鼻水が出るわけではなく、熱もなかった。トイレから出られなくなったのだ。朝食前からその状態だったので、吐くものはなかったが、とにかく下痢がひどかった。腸の中をすべて出し切った感じだ。

 昨冬は暖かかったので、ひどい風邪をひかなかった。多少熱っぽいことはあっても、生活に支障が出ることはなかった。しかし、今回は “トイレから出られない” という時点で、生活に支障をきたすことになった。

 ところが、その日は、子供と買い物に行く約束をしていた。さっと行って、さっと帰ってくればなんとかなると思い、とりあえず出せるものはすべて出す。それから、子供とバスに乗って買い物に出かけた。

 ところが、バスに揺られていたら気分が悪くなり、結局、一つ手前のバス停で下車するハメに・・・。何も食べてなかったので、吐いても何も出なかった。そして、そこからはゆっくり歩いていくことにした。

 最初の買い物を済ませると、悪いことに、腹の調子がおかしくなってきた。仕方なく、子供をトイレの前で待たせて、お腹を落ち着かせることにした。

 少し落ち着いたところで、速攻で買い物を済ませて、帰路に着く。帰りのバスでは座れたので、落ち着いて帰宅できた。

 家に帰ってからも、またしばらくトイレにこもり、落ち着いてから布団の中にもぐりこんだ。

 その後は、次の日の朝まで布団の中で過ごした。おかげで、翌朝には日常生活に戻れるぐらいに回復できた。

 やはり調子の悪いときは、無理に外出するもんじゃないなというのが、今回の反省。

|
|

« 赤外線温度センサーは優れものだった | トップページ | UGCから世界経済を妄想してみた »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/17870620

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪をひいた時は外出するもんじゃないな:

« 赤外線温度センサーは優れものだった | トップページ | UGCから世界経済を妄想してみた »