« 自分に都合のいい期待はそろそろやめませんか | トップページ | 腐女子の実態に迫る? »

2008/02/23

CO2本位制度

 なるほど。この発想は私には思いつかなかった。

宿輪純一の「逆張り経済論」     
将来は基軸通貨となるCO2
 宿輪 純一
  NBonline [2008年2月22日]

 確かに、CO2ならば世界共通の価値(負の価値だが)になりえる。

 現在の為替相場などと異なり、特定の国家の思惑で意図的に為替相場を低く抑えたり、高く支えたりすることもできなくなるだろう。

 CO2による貨幣相場は、その国の工業力や財政基盤、景気状況がダイレクトに繁栄されるモノとなるだろう。

 問題は、すべての国家・地域がそのCO2本位制度に素直に従うか、ということになろうか。

 いまだ財政基盤も工業力も脆弱な国であれば、CO2排出枠に縛られることなく製造業の発展に力を入れてCO2を垂れ流ししたいのが本音ではなかろうか。

 そうなったときの解決方法はどうなるのか。

 やはり欧米が中心となり、軍事力でCO2本位制度に従わせることになるのだろうか。そうすると、地球環境維持のために世界が再び騒乱状態に堕ちる可能性もある。

 二十世紀前半に二度の大きな世界大戦を経て、半世紀以上にわたる比較的平和な時代が続いた。しかし、ここ十数年の動きを見ると二十世紀前半にも見られた、主要国の衰退と混乱が少しずつ強まっているように見える。

 となると、私としても起こって欲しくない “動乱の時代” が再びやってくるのではないかと、心配している。

 確かにたまりにたまった矛盾やあつれきは、どこかで清算しなくてはならないだろう。そして、過去の負の遺産を清算できてこそ、新しい時代の新秩序が生まれる。

 次の秩序は、特定の国の経済を中心にしたものではなく、地球環境保全を中心にしたモノになるかもしれないということを、このCO2本位制度は、改めて私に気づかせてくれた。

 ここまで言ってしまうと、さすがに 「妄想が過ぎる」 とたしなめられそうだ。しかし、「そうなればいいなぁ」 というのは私の素直な気持ちだ。地球環境を食いつぶしながらのあくなき富の追求は、そろそろ終止符が打たれるべきだと、私は本気で思っている。

|
|

« 自分に都合のいい期待はそろそろやめませんか | トップページ | 腐女子の実態に迫る? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生き方」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/40230876

この記事へのトラックバック一覧です: CO2本位制度:

« 自分に都合のいい期待はそろそろやめませんか | トップページ | 腐女子の実態に迫る? »