« 願い続ければ、夢はいつか叶う、でも、叶わなくても気にしない | トップページ | 体調不良のため今日は臨時休業 »

2008/02/27

即刻辞任せよ

 石破防衛大臣は、即刻辞任すべきだ。

 数日前の記事で、

今の段階で防衛大臣が辞任するかどうかわからない。おそらくこの件で辞任することはないだろう。

と書いた。そのときはそれで間違っていないと思っていたし、今でも間違っていたとは思っていない。というのも、

あくまで私の感覚でしかないが、この次期の辞任要求は、世論の支持を得られない

と思っていたからだ。実際、

内閣支持率「3割割れ」 いよいよ「土俵際」?
 J-CASTニュース [2008年2月26日]

で、

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が2月23・24日に行った調査では、(中略)、石破防衛相のイージス艦事件の責任については、59.5%が

「辞任せず、防衛省の体制見直しになどを続けるべきだ」

と答え、「続投支持」が大勢だ。

とある。私の感覚も間違っていなかったと、ちょっぴり安心している。

 ところがである、2月26日の記者会見の発言は最悪のものだった。

“八方塞がり”石破「隠蔽あれば責任取る」発言で窮地
「12分前に視認」を長時間放置

 ZAKZAK [2008年2月26日]

 記者会見の様子もテレビで見たが、石破防衛大臣はかなり感情を高ぶらせていた。以前に情報番組に出ていたときは、どんな質問に対しても極めて冷静だったことを考えると、かなり自分にとって都合の悪いことを指摘されたとしか思えない。触れられたくない本質を突かれると、たいていの人は感情を高ぶらせて反論するものだ。

 この石破防衛大臣の発言は、国民の利益をないがしろにして、防衛省の組織や官僚を “防衛” してるとしか見えない。こんな態度では、とうてい防衛省内の責任追及や更迭が出来るとは思えない。

 石破防衛大臣はしょせん “軍事ヲタク” でしかなかったということか。

 前回の記事で、私はこうも書いている。

問題の解決が遅々として進まなかったり、責任者への処分が十分にされなかった場合は、そのときには最高責任者である防衛大臣が責任を取るように辞任を要求すべきだ。

 今回の石破防衛大臣の発言で、省内や自衛隊内の責任追及や原因追及が行われないことは、ほぼ確定した。

 石破防衛大臣はまた、「原因の解明と責任の追及することで私の義務を果たす」 といった内容の発言をしている。この種の発言は、これまで結局辞任に追い込まれた大臣達が、辞任に追い込まれる直前に吐く発言だ。つまり、石破防衛大臣にも “辞任フラグが立った” といえる。

 石破防衛大臣は、即刻辞任すべきだ。

|
|

« 願い続ければ、夢はいつか叶う、でも、叶わなくても気にしない | トップページ | 体調不良のため今日は臨時休業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/40280668

この記事へのトラックバック一覧です: 即刻辞任せよ:

« 願い続ければ、夢はいつか叶う、でも、叶わなくても気にしない | トップページ | 体調不良のため今日は臨時休業 »