« 日本の会社制度で変えるべきものは | トップページ | 辞任要求より原因究明と責任者の処分を »

2008/02/20

日本企業の従業員評価は時代遅れ?

 今回もなかなかに興味深いデータが掲載されていた。

ポスト成果主義 スタンドプレーからチームプレーに     
そのチームワークは、なぜ機能しないのか
三巻由希子IBMビジネスコンサルティングサービスパートナー執行役員に聞く

 中野目純一
  NBonline [2008年2月19日]

 私が一番興味深かったのは、世界全体と日本企業の人事を評価する基準の違いだ。

 私の解釈はこうだ。

 日本の企業は高度経済成長時代からしばらくの間、終身雇用制度を取っていた。また、社会システムとしても転職はでメリットが大きかった。そのために自然と従業員の定着率が高くなっていた。

 また行動経済成長時代は、企業の業績の上昇がそのまま従業員の収入の向上につながっていたため、労働意欲や満足度も高かった。

 それらはバブル経済崩壊後、大きく変化をした。よりよい労働環境を探して簡単に転職することができるようになった。企業の業績が好調なのに、従業員の給与は据え置きにされるどころか、成果主義や契約社員への置き換えで、むしろ下がっていった。

 以前は当たり前の前提となっていた従業員の高い定着率、労働意欲、満足度が、当たり前でなくなってきている。にもかかわらず、企業側は高い定着率、労働意欲、満足度を前提にして、より利益率を上げるために、従業員一人当たりの利益や売り上げだけを向いてしまっている。

 そう考えると、世界全体のほうがすでに次の段階に進んでいるように見える。つまり、日本の企業も、改めて従業員の高い定着率、労働意欲、満足度を得られるように努力した企業が、今後生き残って成長していくのではないかと思える。

|
|

« 日本の会社制度で変えるべきものは | トップページ | 辞任要求より原因究明と責任者の処分を »

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/40196126

この記事へのトラックバック一覧です: 日本企業の従業員評価は時代遅れ?:

« 日本の会社制度で変えるべきものは | トップページ | 辞任要求より原因究明と責任者の処分を »