« 必要なのは裁判員制度ではなくIT化、と言ってみる | トップページ | 下がいると思って開き直ってもいいじゃない »

2008/03/24

プラズマテレビの比率15%の真実

 ずいぶん前から言っていることだが、我が家もそろそろテレビの買い替え時期なのだ。今使っているのが、1991年に買った21型のブラウン管テレビ。カミさんも1~2年前から、「大画面テレビに買い替えよ~よ」 としつこく言ってくる。少し前までは、液晶テレビに買い換えようと思っていた。ところが、調査中に気になったのは、液晶の動画ボケだった。そこで、最近は液晶ではなくプラズマテレビにしようかと思い始めた。

 で、ここからが本題。

 様々な市場調査をしている BCN がつい先日、ここ1年での液晶とプラズマテレビの売り上げ動向を発表した。

50型以上で液晶テレビが急伸、押されるプラズマ
 ITmedia News [2008年3月12日]

 このニュースで私が気になったのが、薄型テレビ全体におけるプラズマテレビの売り上げ比率の低さだった。

 ニュースのタイトルともあいまって、「もうすぐプラズマテレビが市場からなくなってしまう」 ような印象を与えている。これが統計調査の怖いところだ。

 別な記事を見ると、

40V型以上が2割突破目前の薄型テレビ、気になるサイズ別の売れ筋は?
 BCNランキング [2007年10月31日]

とある。下のニュースのほうが少し古いが、だいたい同じような時期の調査結果だ。

 下のニュースを見ると、40V型の売り上げ比率は全体の2割弱とある。そして、プラズマテレビは、一番小さいサイズで37V型で、大半は40V型以上だ。

 画面サイズが小さいほど製品単価も安い。製品単価が安いほど大量に売れるため、売上高も大きくなりやすい。実際、薄型テレビは2~3年前からずっと32V型が売り上げの中心になっている。

 そういったことを考慮しながら、上のニュースでのプラズマテレビの比率が約 15% で、40V型以上の比率が約 20% という数字を見れば、大雑把に言って、

40V型以上の薄型テレビの分野では、

液晶:プラズマ = 1 : 3

とプラズマテレビが圧倒的に売り上げ比率が高い

という結果になる。

 確かに、前年比の伸び率で見れば、40V型以上の液晶テレビの伸び率が著しく大きいのは事実だろう。しかし、それをもって 40V型以上の分野でも液晶テレビがプラズマテレビを圧倒しているような印象を与えかねない表現は、あまりフェアではないように私には感じた。

 市場調査や統計調査は、具体的な数値が出されて、それを数学的に証明された手法を使って分析するため、ともすると誰から見ても間違いのない結果になると勘違いしてしまう。

 しかし、実際には分析する切り口や手法を選択することで、同じデータからまったく正反対の結論を導き出すことも可能だ。

 そして、そういった姑息な手段を、“頭のいい” 中央の役人達は好んで使う。

 政府の発表する調査結果を鵜呑みにするのではなく、「どういったデータに基づいて」、「どういった分析の仕方をしたのか」 まできちんと確認しないと、とんでもない調査結果を掴まされることになるので、十分注意が必要だ。

(2008/4/28 追記)
この記事はコメントも一緒に読むことを強くお勧めする。

(2008/6/5 追記)
こちらの記事で、情報を修正

|
|

« 必要なのは裁判員制度ではなくIT化、と言ってみる | トップページ | 下がいると思って開き直ってもいいじゃない »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

興味深く、拝読しました。
統計数字を盲信してはいけないというご指摘についてはまったく同感ですが、

> 40V型以上の薄型テレビの分野では、
> 液晶:プラズマ = 1 : 3
> とプラズマテレビが圧倒的に売り上げ比率が高い

という「結論」については、勇み足ではないでしょうか。

例えば、BCNでは2007年12月における40型以上のメーカー別シェアとして、
 ・1位 ソニー  29.9%
 ・2位 シャープ 28.5%
 ・3位 松下電器 25.5%
という数字をあげています。

ソニーは現在、ほぼ液晶のみですし、シャープは完全に液晶のみですので、ソニー+シャープと松下を比べれば、松下は半分にも達していません。

3社以外のシェアや販売金額などでは異なった数字が出てくるでしょうが、上記の1点をとっても、「液晶:プラズマ = 1:3 」といった比率にならないことは自明かと。

ほかにも細かい数値はたくさんありますが、コメントの場ですので、省略させていただきます。

投稿: tetsu | 2008/04/27 22:32

tetsu さん、こんにちは。コメントをありがとうございます。

そうですね。
私は上でリンクした記事のデータしか見ていませんので、私の解釈の仕方が間違っている可能性が高いですね。
この記事で私が言いたかったのは、「数値を元にした文章を見ると、ついついそれが正しいと思い込みがちですが、そんなことはないですよ。」 ということなので、tetsu さんの指摘は、私にとってたいへん助かります。
この記事については、コメントも含めて読んでもらうことを考えて、このままにしておきます。

また何か気づいたことがあれば、指摘してください。よろしくお願いします。

投稿: マスト | 2008/04/28 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/40623483

この記事へのトラックバック一覧です: プラズマテレビの比率15%の真実:

» 補足: プラズマテレビの比率 [今日思うこと]
 以前に、「2007年の40V型以上の台数シェアは、液晶1:プラズマ3 だ。」 [続きを読む]

受信: 2008/06/05 00:18

« 必要なのは裁判員制度ではなくIT化、と言ってみる | トップページ | 下がいると思って開き直ってもいいじゃない »