« 我が家の食品事情近況 | トップページ | 10万アクセスまでを振り返ってみて »

2008/04/25

プリンタ・印刷関係近況

 プリンターの話。

 PM-900C が壊れて、Canon iP7500 を購入したいきさつの記事を読み返してみると、

「ということは、今年旧機種を買えば、来年に今年の新機種を買ってもほぼ同額の支出になるな?」

と考えていたことを思い出した。

 結局、2007年末はプリンターを買い換えることなく、今も iP7500 を使っている。

 なにより iP7500 は、印字ヘッドの目詰まりが起こらないのが気に入っている。PM-900C の時は、昨日正常に印刷できたと思っていたのに翌日は印字ヘッドが目詰まりを起こしている、といったことが日常茶飯事だった。iP7500 にしてからは、数日印刷しなくても印字ヘッドが目詰まりを起したことがない。

 ただ、一つ気にになることが出てきた。印刷結果に、印刷ヘッドの移動方向に印刷むらのような “スジ” が見られるようになった。

 このスジは、キヤノンのプリンターではよく見られる問題らしく、こちらではそのスジの問題でプリンターを買い換えている

 印字ヘッドの位置調整を何度か試してみたものの、変化は見られなかった。損耗、経年変化などにより、紙送りが少しおかしくなっているようにも見える。

 スジは、印刷位置によって出かたが違うため、今回は紙送り方向に印刷用紙の端から端まで印刷するようなサンプルを作った。インクを節約するために、印刷の幅は狭くしてある。

 Color_chart 今回の印字サンプル

 当初、スジは特定の色、主に青系の色、でのみ起こっていると思っていた。だが、印刷してみたわかったのは、すべての色で同じ位置に同じようにスジが発生していることが確認できた。青系では目立ちやすいために、青系のみで発生しているように見えたようだ。

 もしかしたら特定の色の印字ヘッドがいかれたのかとも考えたが、どうやらそれは違うらしい。やはり、紙送りの制御関係も問題の可能性が高い。

 まったく印刷できないわけでもないので、すぐに修理に出すつもりはないが、これ以上ひどくなるようなら、修理や買い替えも考えなければならなくなる。

 印刷時のソフトウェアやドライバの設定は、今でもちょくちょく調整している。

 今現在は、

  • 写真を調整する際は、用紙のプロファイルを含めた色管理設定で行う。
  • 写真を印刷する際は、用紙のプロファイルを外した色管理設定で行う。
    用紙プロファイルをオンにしたままだと、印刷時の色がおかしくなる時があるため。
  • ドライバの設定は、ドライバによる色補正+写真用モード で行っている。
    ドライバの ICM を使うと、おかしな色になる場合があるため。

といった手順・設定で印刷している。若干手間がかかるが、ディスプレイの見た目と印刷結果を近づけるためと割り切っている。

 インクの交換を記録してきたところ、我が家では、1色のインクを1年で3回交換している。その程度の使用頻度でも印字ヘッドが目詰まりを起さないようにエプソンも頑張って欲しいものだ。そうすれば、高品質印刷のエプソンプリンタに戻れるのだが。

 ふと、インク代を頭の中で計算してみた。今まで4回交換しているので、¥7,000 × 4= ¥28,000。うわ~、インク代にプリンタ本体の1.5倍のお金を使ってる。coldsweats01

 プリンタメーカーが本体の値段を抑えて、インクで利益を出そうとしている理由がわかった気がした。

|
|

« 我が家の食品事情近況 | トップページ | 10万アクセスまでを振り返ってみて »

プリンター・ディスプレイ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/40986781

この記事へのトラックバック一覧です: プリンタ・印刷関係近況:

« 我が家の食品事情近況 | トップページ | 10万アクセスまでを振り返ってみて »