« 人工交配はダメだった | トップページ | Google ツールバーの可能性大 (IE7 ハング問題) »

2008/05/30

二千円札を最近見ましたか?

 Wii で “みんなで投票チャンネル” をやっている。

 先日、「最近、二千円札を見たことある?」 という投票の結果が発表された。

 結果は、

  • 見たことある  30% : 見たことない 70%

だった。まあ、大方の予想通りだったといえよう。なにしろ、予想正解率が80%を超えていたのだから。

 それにしても、二千円札の失敗の責任は、誰か取ったのだろうか? 私は聞いたことがない。

 Wikipedia によれば、

発行枚数では五千円札を上回っている

らしいが、はっきりいって、私は五千円札のほうが二千円札より1024倍よく見かける。

 もちろん、お札を作る技術、特に原版を作る技術の継承のために、新札の定期的な発行が必要なのは理解できる。自動販売機や両替機の改造などで、経済効果があったのかもしれないとも思う。

 しかしである。それらは、何も二千円札の発行でなくとも十分に行えたか、あるいは、同額の予算でもっと効率的な方法があった気がしてしょうがない。

 それほどまでに、私の中では二千円札の必然性がまったくもって理解できない。

 この二千円札発行に限らず、新しい法律や政策が施行されるときには、きちんと担当部署や担当責任者を記録として残して欲しいものだ。

 役人や政治家は、やってしまった仕事の責任を取らなくてもよいため、やる前から失敗が目に見えていることでも平気でやってしまう。

 私が以前勤めていた某日本有数の大企業では、「LSI の設計、製造のために調達した部材については、その LSI や装置がすべて現存しなくなるまで責任を持たされる」 と聞かされた。その会社を辞めてしまったときは知らないが、その会社に勤めている限りは、10年後でも15年後でも、今はまったく関係のない仕事を担当していても、そのときの担当した設計や製品に不具合が発生した場合は、担当者として責任を取らされるそうだ。

 だから、設計や製造の責任者、担当者は、徹底的に問題点を見つけようとする。少しでもリスクがありそうなところは決して見逃さない。見逃したリスクは、後々、自分の身に災いとして降りかかってくるからだ。

 政治や行政でも、そのぐらいの緊張感を持ってやって欲しいものだ。使っているお金は、彼らのものではなく、我々国民の共有財産なのだから。

|
|

« 人工交配はダメだった | トップページ | Google ツールバーの可能性大 (IE7 ハング問題) »

Wii/DS/3DS」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/41365435

この記事へのトラックバック一覧です: 二千円札を最近見ましたか?:

« 人工交配はダメだった | トップページ | Google ツールバーの可能性大 (IE7 ハング問題) »