« Google ツールバーのせいとも言い切れない (IE7 ハング問題) | トップページ | アドオンは関係ないんかい! (IE7ハング問題) »

2008/06/05

補足: プラズマテレビの比率

 以前に、「2007年の40V型以上の台数シェアは、液晶1:プラズマ3 だ。」 と独自の解釈をして、コメントに 「それはおかしいんじゃないか」 と指摘された。

 そして今日、より具体的な数字を見つけた。

JEITA 統計データ
民生用電子機器国内出荷統計
2007年12月国内出荷実績

 このデータによれば、確かに以前私がした解釈は誤りだった。

 2007年における37V型以上の液晶テレビの出荷台数は、約187万台。他方、2007年におけるプラズマテレビの出荷台数は、約97万台。プラズマテレビは、ほぼ37V型以上と見てよいので、この二つの数値は単純に比較できる。

 すると37V型以上においては出荷台数は、

  • 液晶 2 : プラズマ 1

の比率だったことがわかる。

 以前私が指摘したのは 「40V型以上」 であったが、プラズマテレビの8割は43V型以下だということ。液晶テレビの37V型以上の区分で、37V型だけの割合が90%を占めることは考えにくいので、40V型以上での比率を考えたとしても、上記の割合が大きく変わることはないと思われる。

 世間で言われている 「プラズマテレビは売れていない」 ということが、この数字からもはっきりと示されているし、より最近の数字はもっと顕著である。2008年の4月までの累計を見ると、液晶テレビとプラズマテレビの割合が、3:1 に近づいている。

---------------

 それでも、我が家で新規に購入しようと考えている薄型テレビは、今のところプラズマテレビだ。

 ブルーレイディスク vs HD DVD とは違い、すべてのメーカーがプラズマテレビを製造しなくなっても、プラズマテレビで映像コンテンツが見られなくなるわけではない。

 その意味で、プラズマテレビ メーカーがまだ頑張っている今の時期がプラズマテレビの買い時なのではないかと思い悩む、あいかわらずな毎日である。

|
|

« Google ツールバーのせいとも言い切れない (IE7 ハング問題) | トップページ | アドオンは関係ないんかい! (IE7ハング問題) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/41427628

この記事へのトラックバック一覧です: 補足: プラズマテレビの比率:

« Google ツールバーのせいとも言い切れない (IE7 ハング問題) | トップページ | アドオンは関係ないんかい! (IE7ハング問題) »