« さらにブラウザが使いやすくなった | トップページ | 広告の見せ方はなんでこんなに酷いのだろう »

2008/07/11

Firefox vs IE7、私が使いやすいのはどっち?

 Firefox と IE7 (Internet Explorer 7.0)。Google Toolbar、PrefBar、Tab Mix Plus、IE7Pro といったアドオンにより、どちらも私にとって十分使いやすいブラウザに変身する。

 今回は、具体的に一つ一つ “主観” で比較する。

---------------

  • 起動・終了 : 重要度 高 : Firefox

Firefox: 起動に待たされる感覚はない。終了では、大量のタブを開いていても、一瞬ですべてのタブが閉じる。

IE7: 起動はやや待たされる。終了時は、タブが一つ一つ閉じるのが目で追えるぐらいにゆっくり閉じる。最後のタブを閉じてときに、特に時間がかかる。

私的評価: 起動・終了に関しては、圧倒的に Firefox が優秀だ。

  • ページ表示 : 重要度 中 : IE7

Firefox: 表示を始めるのは早い。だが、表示と共にレイアウトが変わっていってしまう。

IE7: 表示を始めるのにワンテンポある。だが、一度表示されたレイアウトは変わることがないので、記事などを読みやすい。

私的評価: 最初から完成したレイアウトで表示する IE7 のほうが気持ちがいい。

  • ズーム : 重要度 中 : Firefox

Firefox: Ctrl + “+” と “-” で画面の拡大縮小が出来る。Firefox では、文字サイズだけを拡大縮小できるオプションがある。

IE7: Ctrl + “+” と “-” では、画面全体の拡大縮小しか出来ない。文字サイズの変更は、マウスでメニューを使う必要がある。

私的評価:サイトによって標準とする文字サイズが異なるため、文字サイズを拡大縮小することがよくある。そのときにいちいちマウスを使うのではなく、キーボードで変更できる方が私は好きだ。また、全体を拡大縮小すると、横スクロールが必要になったり、図が見にくくなったりするので、私は文字だけの拡大縮小しか使わない。

  • Google Toolbar : 重要度 高 : Firefox

私的評価: Firefox も IE7 も Google Toolbar 自体の機能に変わりはない。ただし Firefox は、Firefox のツールバーに Google Toolbar のボタンを配置できるため、ツールバー全体としてみると、コンパクトにボタンを配置することが出来る。Firefox の方が使いやすいといえる。

  • Flash 削除・広告フィルタ : 重要度 高 : IE7

Firefox: PrefBar: Flash オプション と Flash の除去 が分かれている。Flash オプションをオフにすると、Flash コンテンツの場所に画像が表示される。Flash コンテンツを画面上から消すには、Flash の除去 ボタンをクリックする必要がある。Flash を表示させたい場合には、ツールバーの Flash オプションをオンにして、ページを再描画する必要がある。

IE7: IE7Pro: Flash を表示しない設定にすれば、代替の画像も表示されることがない。Flash を表示したい場合には、Flash コンテンツが表示される場所をクリックするだけで、見たい Flash コンテンツのみが表示される。ページ再描画の必要もない。

私的評価: 圧倒的に IE7Pro が使いやすい。最近の情報系サイトに表示される Flash 系広告は、目に余るものがある。広告表示が頻繁にチカチカ変わるので、記事を落ち着いて読めない。また、サイズの大きな Flash 広告をダウンロードすることで、表示およびブラウザの動作を重たくしている。このへんのことは、また次回に詳しく書きたいと思っている。

  • ブックマーク vs お気に入り : 重要度 中 : IE7

Firefox: Tab Mix Plus により、ブックマークから開くページを、新しいタブに開くことが出来るようになった。しかし、逆に現在のページにはブックマークから開くことは出来ない。左に表示されるブックマーク サイドバーは、固定表示しかない。また、フォルダ ツリーは、複数のフォルダが同時に展開されて表示される。一つのフォルダのみ展開するオプションがない。

IE7: お気に入り リストから、ショートカットをクリックすれば現在のタブに表示でき、右の矢印アイコンを使えば新しいタブに表示できる。両者を簡単に使い分けることが出来る。お気に入りセンターは、フローティングで表示されるため、ショートカットをクリックすると同時にリストが閉じる。展開するフォルダも一つに限定でき、別なフォルダを展開すると、前の展開されたフォルダが自動的に折りたたまれるため、リストが不必要に長くなることがない。

私的評価: IE7 の方が、かなり使いやすい。

  • デスクトップへのショートカットの作成 : 重要度 中 : IE7

Firefox: Web ページのショートカットをデスクトップに作るには、タブをドラッグして、デスクトップでドロップする必要がある。多くのウィンドウが開いていると、うまくデスクトップにドロップできないときがある。

IE7: ファイル/送信/ショートカットをデスクトップへ や 右クリック/ショートカットの作成 で開いているウィンドウの状況に関係なく、簡単に Web ページのショートカットをデスクトップに作れる。

私的評価: 私は気になる記事があると ブックマーク/お気に入り ではなく、デスクトップにショートカットを作る。デスクトップにおいてあるといつも目にするので忘れることがなく、ブログネタのタスクリストの感覚で使える。なので、デスクトップへのショートカットの作成しやすさは、私にとって重要な要素だ。

  • 安定性 : 重要度 高 : 引き分け

Firefox: 現在までに2~3回、クラッシュに遭遇したと記憶している。そのうちの1回は、このブログを書いているときだった。

IE7: これまでに何度も記事にしてきたように、タブ機能を使ったときに頻繁にハングが発生する。hanaさんのおかげで、ハングしない状態にすることが出来たものの、IE7Pro をインストールしたところ、またまたハングするようになり、再度、PCクリーンアップ を実行した。

私的評価: クラッシュやハングに供えて、ブログを頻繁に保存する必要があるのは、Firefox も IE7 もあまり変わらない。

---------------

 私が 「使う」・「使わない」 の目安とするエリアの勝敗表を見ると、

  • Firefox 3勝 : IE7 4勝 : 引き分け 1

と、IE7 の方が優勢なようにも見える。

 ただ、私にとっての重要度で見ると、重要度の高いエリアでは Firefox が優勢だ。

 なお、これはあくまで私の主観であり、私的評価だ。人によっては Firefox vs IE7 の評価がまったく逆転することだろう。特に IE7 でしか動作しなかったり表示できなかったりするサイトを使う必要がある人にとって、IE7 以外のブラウザを使うことなど問題外の外だろう。

|
|

« さらにブラウザが使いやすくなった | トップページ | 広告の見せ方はなんでこんなに酷いのだろう »

ユーザビリティ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/41773057

この記事へのトラックバック一覧です: Firefox vs IE7、私が使いやすいのはどっち?:

« さらにブラウザが使いやすくなった | トップページ | 広告の見せ方はなんでこんなに酷いのだろう »