« 広告の見せ方はなんでこんなに酷いのだろう | トップページ | P42-HR02修理顛末記 »

2008/07/14

新人さん、いらっしゃ~い (トビイロケアリ女王)

 7月11日の朝。アパートの前を歩いていたら、見慣れないアリが走っているのが見えた。昨年、アリを飼うようになってから、日常的に地面を見ながらよく歩く。いろんなアリを観察しながら歩いているので、そのアリが目に付いたのだ。

 その、見慣れないアリに目を近づけてよ~く観察すると、明らかに胸の部分が盛り上がっている。すぐに 『女王アリ』 だとわかった。

 今年は、クロオオアリ、クロヤマアリの女王アリを捕まえたことで、女王アリの特長というものがよくわかるようになっていた。

 見つけた女王アリのサイズは、明らかに小さく、クロオオアリの働きアリぐらいしかない。それでも、胸部の盛り上がりと、腹部の大きさから 女王アリ と判断した。

 運悪く、捕獲するものを何も持っていなかった。そこで、ハンカチで包み込むように捕獲をして、そのまま家に連れてきた。

 新女王アリをタッパーに入れてから、さっそく同定にかかる。

 大きさ、色、ツヤ、飛行時期、などから判断をして、『トビイロケアリ』 と判断した。ちなみに、掲示板では トビイロケアリ をよく 「トビケ」 と略される。そこで、この トビイロケアリ女王アリ を 『トビケ女王アリ6号』 と命名した。

 トビケ女王アリ6号の写真。

 200807111

 このときは、なぜか天板に張り付いて動いてくれなかった。本当は上からの写真が撮りたかったのだが、仰向けの写真になってしまった。

 これだと、大きさがよくわからないので、クロヤマ女王アリ4号と比較してみた。

 200807112

 これは、二匹を1枚の写真に撮った後、二匹の部分だけを切り取ってくっつけたものだ。左が クロヤマ女王アリ4号、右がトビケ女王アリ6号だ。トビケ女王 は、クロヤマ女王 の 3分の2 ぐらいしかないことがわかる。実物を見ると、半分くらいの大きさに見える。

 トビイロケアリを飼育している人の話だと、トビイロケアリはかなり多産らしい。実際、トビケ女王アリ6号も、捕獲した翌日から産卵を始めている。以前のクロオオアリ、クロヤマアリの時は、捕獲から最初の産卵まで数日、長いものだと1週間ほどかかっているので、トビイロケアリはそれだけ活発なのか、それとも周りをあまり気にしないくらいに図太いのか。

 クロオオ女王アリにずいぶん遅れて捕獲した クロヤマ女王アリ なのだが、上の写真のように、すでにいつ働きアリが誕生してもおかしく状況になっている。

 クロオオ女王アリは、1号にはすでに確認できるだけで6匹の働きアリが誕生している。しかし、ほとんど女王アリ部屋から働きアリが出ることはなく、いまだ女王アリが働きアリを養っている状況だ。

 クロオオアリ3号には、まだ働きアリが誕生していない。それでも、さなぎの状態から見て、今週中にも誕生するのではないかと思っている。

 200807113

 1号と違い、3号は女王アリ部屋を使わず、ずっと容器の端っこで育児をしている。

---------------

現在の状況:

  • クロオオ女王アリ1号 : 働きアリ6匹以上
  • クロオオ女王アリ3号 : まもなく働きアリ誕生
  • クロヤマ女王アリ4号 : まもなく働きアリ誕生
  • トビケ女王アリ6号 : 産卵中

|
|

« 広告の見せ方はなんでこんなに酷いのだろう | トップページ | P42-HR02修理顛末記 »

アリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/41830766

この記事へのトラックバック一覧です: 新人さん、いらっしゃ~い (トビイロケアリ女王):

« 広告の見せ方はなんでこんなに酷いのだろう | トップページ | P42-HR02修理顛末記 »