« 焼き付き と ワイド画面 | トップページ | さらにブラウザが使いやすくなった »

2008/07/09

祝!働きアリ誕生

 久しぶりに、女王アリたちの様子を見たら、なっ、なんと、クロオオ女王アリ1号 に働きアリが二匹誕生していた。

 フタが半透明なタッパーに、クロオオ女王アリ1号、3号を入れているので、フタを開けないと、詳しい状況がわからない。8日の朝、数日ぶりにフタを開けて様子を見ると、女王部屋の外にサナギの繭が捨てられていた。

 「あちゃ~、うまく羽化できなかったか~」

と思いつつ、女王部屋の穴から中をのぞいてみると、なんと、(女王と比べて)小さいアリが、それも二匹、部屋の中をうろうろしているではないか。

 二匹の働きアリの体は、すでに黒くなっていた。羽化してから1日以上経過しているのは間違いないだろう。

 どうやら、羽化したときに脱ぎ捨てた繭を、ゴミ扱いで部屋の外に移動させたものだったようだ。

 短い時間観察していたが、働きアリたちが部屋の外に出る様子はなかった。羽化しても、しばらくは卵・幼虫・サナギの世話に専念をして、巣穴から出ないらしい。私は、タッパーにつなげたチューブから、働きアリがヒョコヒョコ出てくることを期待していたのが、それはまだしばらく先のことのようだ。

 結局、5月23日に捕獲5月26日に産卵6月20日にサナギを確認、そして、7月6日に最初の働きアリが羽化、となった。

 計算すると、産卵から羽化まで、およそ40日。アリに関する情報サイトでは、30日~40日とあるので、40日は予定通りと言っていいだろう。

---------------

 クロオオ女王アリ3号の子供にもサナギが出てきたので、一週間ほど前に、やはり1号と同じ、石膏をひいて、女王部屋を入れたタッパーに移した。

 ところが、女王アリにもやはり個性というものがあるのだろうか。女王アリ3号は、いつまでたっても女王部屋に入ろうとしない。

 一度、フタを開けて湿り気の様子を見たときに、女王アリ3号があわてて女王部屋にサナギを持って駆け込んだときがあった。

 「あ~、これでやっと女王アリ3号も、女王部屋に移動してくれるな」

と思い、暗くするための箱をかぶせた。1時間後に様子を見てみると、女王部屋の外の広い部分に卵・幼虫・サナギを集めていた。よっぽどその位置が気に入ったと見える。

 女王アリ1号は、石膏タッパーに移してから1時間で女王部屋に移り住んで、ずっとそこから出ようとしないのとは対照的だ。

 女王アリ3号は、女王アリ1号に10日遅れて産卵しているので、最初の働きアリが羽化するのは、16日ごろと思われる。楽しみだ。

---------------

 クロヤマ女王4号の子供たちにも、ハッキリと幼虫とわかるくらいに大きくなった幼虫が増えてきた。あと1週間もしないうちに、サナギへと変わるのではないだろうか。

 クロヤマアリを飼育している人の話では、クロヤマアリはクロオオアリよりも羽化までの期間が短いそうなので、7月末ぐらいにはクロヤマアリの最初の働きアリが羽化しているのではないだろうか。

|
|

« 焼き付き と ワイド画面 | トップページ | さらにブラウザが使いやすくなった »

アリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/41771386

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!働きアリ誕生:

« 焼き付き と ワイド画面 | トップページ | さらにブラウザが使いやすくなった »