« おサイフケータイを使えるようにしてみたけれど | トップページ | トビイロケアリ、はやっ! »

2008/08/10

ゆで卵戦線、異常なし

 すっかり連日気温が30℃を超える日が続くようになったものの、我が家の女王アリズはそれなりに頑張っているようだ。土中に住むアリは、高い温度が苦手らしく、30℃を超える状態が長く続くと、女王アリに何らかの障害が出ることも珍しくないらしい。

 日中あまりにも温度が高くなりすぎたと思ったら、アリを飼っている容器の上に、タオルで包んだ保冷剤を短時間置いたりしている。体液が凍らない限り、アリは簡単に凍死しないらしいが、冷やしすぎると容器内に水滴が発生するため、凍死より溺死の危険がある。そのため、保冷剤での冷却は短時間にとどめている。

 さて、先日冷蔵庫の中にゆで卵が残っていた。ちょうどいいと思い、黄身を少し掻き出して、メープルシロップと混ぜて、簡単なアリ用練り餌を作った。

 驚いたことに、これが クロオオアリ、クロヤマアリ どちらのコロニーにも大好評だった。

 特に クロオオ女王アリ1号 のコロニーでは、練り餌の上に働きアリの1匹が、ほぼ24時間張り付いていた。こんな感じで。
 20080808

 他のアリや昆虫達に取られまいと見張っているのか、お腹がすいたらいつでも食べられるように居座っているのか、単にいるだけで心地よい環境なのか、は、わからない。

 いずれにしろ、餌を回収するまで24時間、ほぼ餌の上で待機していた。時々、巣となる容器の方に戻っていたようだが、ちょっと目を離すといつの間にか餌の上に戻ってきていた。

 一度熱を通しているとはいえ、防腐剤など入っていない上に、ここのところの暑さだ。餌はいくら残っていても丸1日すぎたところで、回収することにしている。カビ生えたり、腐ったりした餌を、巣の中に持ち込ませないようにするためだ。

 クロオオ女王アリ1号コロニーの餌も、見張り君 が巣に戻ったところを見計らって、さっと回収した。

 少しした後に、働きアリが1匹餌場に来て、ずいぶんと長いこと餌場を隅から隅まで探索していた。「あれ?俺のご馳走はどこ~?」 という感じだったのではなかろうか。(笑)

 ゆで卵の黄身を与えた二日後に、今度は “生” の黄身とメープルシロップを混ぜたものを与えてみた。

 それなりにすすっていたようだが、ずっと張り付くほどではなかった。

 我が家のコロニーでは、生 より ゆでた 方が、お好みなのかもしれない。

 

|
|

« おサイフケータイを使えるようにしてみたけれど | トップページ | トビイロケアリ、はやっ! »

アリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/42118675

この記事へのトラックバック一覧です: ゆで卵戦線、異常なし:

« おサイフケータイを使えるようにしてみたけれど | トップページ | トビイロケアリ、はやっ! »