« “やさしい” ことが一番大切だとは思わない | トップページ | 家庭用燃料電池がいずれ普及するとは思っているが… »

2008/09/30

なんとなく気になったことを簡単に調べられるインターネットはやはり偉大な発明だ

 いつものようにネットサーフィンをしていたら、タレントの 『千秋』 と 新山『千春』 の名前が目に入った。

 「そういえば、『千夏』 も 若槻千夏 でそれなりに見聞きするけど、『千冬』 というのは見聞きしないな」

と、なんとなく気になった。

 さっそく Google で検索しようと、キーワードに入れるところで、千冬 の違いに気がついた。

 IME に単語が登録されていないのだ。

  • ちはる ⇒ 千春
  • ちなつ ⇒ 千夏
  • ちあき ⇒ 千秋

は一発で変換できる。しかし、

  • ちふゆ ⇒ 地/冬

と 「ちふゆ」 は単語として登録されていなかった。

 ただし、人名/地名モードにして変換すると、千冬 が変換できる。どうやら、千冬 は人名地名辞書に含まれているようだ。標準辞書に含めるほど、一般的ではないらしい。

 などと考えつつググってみると・・・。

 やっぱり、みんな同じように考えているようだった。coldsweats01

 また、千冬さんという名前も、実名、芸名、ペンネーム、キャラクター名等で、それなりに存在していた

 「だから、なに?」 と言われると、困ってしまうところなのだが、これがもしインターネット以前であれば、こうは簡単に調べられなかっただろう。

 「千冬ってあまり聞かないよね。」 とは漠然と思うだろうが、千冬という名前の人が実在するかを調べるとなれば、図書館へ行ったり、大きな書店に行ったりして、人名関係の本をそれなりの数当たらなければならなかったはずだ。

 たいしたことではないし、何の役にもたたないことだから、手間暇をかけたくない。だけど、一度疑問に感じてしまうと、解決するまで気になって仕方がない。

 この手の疑問と調べモノをすると、毎回のようにインターネットとネットワークシステムの偉大さに驚かされる。

 そういえば、

 1988年~1990年にかけて放送された “たけしのここだけの話” という番組で、エンディング曲に

  「ここは~♪ 月の砂漠~♪」

と歌われる曲が、みょうに記憶に残っていたのだが、曲名も歌手もまったく覚えていなかった。

 なんとか見つけようとしたものの、結局見つけられず、

  久野かおり 『月の砂漠から』

という情報を見つけたのは、10年以上経った2001年に、インターネットの検索サイトによってだった。

|
|

« “やさしい” ことが一番大切だとは思わない | トップページ | 家庭用燃料電池がいずれ普及するとは思っているが… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/42640672

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく気になったことを簡単に調べられるインターネットはやはり偉大な発明だ:

« “やさしい” ことが一番大切だとは思わない | トップページ | 家庭用燃料電池がいずれ普及するとは思っているが… »