« ゲリラ豪雨、雲、そして・・・ | トップページ | メールだけでなく、直接会話もね »

2008/09/04

自民党よ、何をやっているのだ

 いったい自民党は何をやっているのだろう。もちろん、福田首相の突然の辞任発表と、その後の次期総裁を決めるためのゴタゴタのことだ。

 1年前、安倍前首相が突然やめた時、世間一般やマスコミの大方の予想は 麻生太郎氏 だった。

 ところが、自民党内で発言力のある人たちが談合をして、今回やはりとつぜん辞任すると発表した福田康夫氏を自民党総裁および首相になることを決めた。

 そして今回、福田氏では自民党政権が支えきれないと見るや、前回引き摺り下ろした麻生氏を首相にするという流れを、またもや自民党内の一部の人たちだけで作ってしまった。

 しかも、麻生氏を担ぎ出す理由が、「麻生氏は国民に人気があって、選挙に勝てそうだから」 だという。いったい、自民党は何をやっているのか。

 福田首相は、実質的に構造改革や公務員改革を中止して、旧来型の官僚主導の政治に戻してしまった。そのために、官僚のわがままやプライド、思い込みによる、とんでも政策が次々と復活をして、日本の社会状況がさらに悪化していった。

 私の好きな小説・アニメ 『銀河英雄伝説』 にこんな台詞がある。

「テロで歴史の流れは変えられない。しかし、テロで歴史の流れを遅らせることは出来る。」

 日本が過去の政治システム、官僚システムを大幅に変えていかなければ、市民レベルの生活が一段と悪化していくのは、誰の目にも明らかだ。

 ところが、その流れを 福田首相と福田首相を担ぎ出した勢力は、それを少なくとも1年は停滞させた。逆行させたことを考えれば、変革を遅らせた時間はもっと長いと見ることも出来る。

 つまり、福田首相とその周辺がやってきたことは、私に言わせれば 「テロ」 と同じだ。

 今回の “立ち行かなくなった旧体制” の引き延ばしが、国民・市民レベルでは 「百害あって一利なし」 ということを、国民すべてが認識してくれること、そして、その国民が旧体制の解体に大きな力が与えることを、私は強く願うばかりである。

|
|

« ゲリラ豪雨、雲、そして・・・ | トップページ | メールだけでなく、直接会話もね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/42374982

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党よ、何をやっているのだ :

« ゲリラ豪雨、雲、そして・・・ | トップページ | メールだけでなく、直接会話もね »