« 生産拠点の中国進出、その果てに | トップページ | 子供の可聴周波数域もチェックしてみた »

2008/10/22

歳を取ると高音が聞こえなくなると言うけれど

 コンビニの駐車場などで深夜に若者達がたむろするのを防ぐために、若者にしか聞こえな高音を流して、若者を追い払うというニュースを、以前に見聞きしたことがある。

 そんな情報は持っていたものの、それについて特に意識することはなかった。

 ところが、いつものようにあちこちのサイトを回っていたら、こんなサイトが目に留まった。

大人には聴こえない音

 さっそく試してみると、11,000Hz までの音しか聞こえない……。ちょっと
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

 だが、少し冷静になって考えてみた。普段は、PCモニターに内蔵されているスピーカーで音を出しているのだが、このスピーカーの音質が極めて悪い。以前のPCモニターにはスピーカーがついていなかったので、外付けのスピーカーを使っていたの。今使っているPCモニターに変えたときの音の劣化を、よく覚えている。

 そこで気を取り直して、イヤホンで試すことにした。イヤホンのような小さいスピーカーは高音を出す方が得意なはずだ。

 イヤホンで試してみたら、12,000Hz まで聞こえた。

 それでも少し気になったので、少し調べてみたら、こんなツールが公開されていた。

可聴周波数域チェッカ

 単に音を連続的に流すだけではなく、簡単な数当てクイズになっていて、正しく聞こえているかの確認が取りやすい

 これで調べてみたところ、13,600Hz までは確実に聞こえていた。13,700Hz になると聞こえたり聞こえなかったりする。周囲の雑音の影響もあろうが、13,000Hz 以上であれば、30代と似たようなものだと考えて、安心することにした。

 今後、定期的にチェックをすることで、自分の耳の老化具合を調べることができそうだ。

 残念なのは、自分が若いときの耳性能をチェックしてないので、本当に自分も子供の時は、もっと高い音が聞こえていたのかが、確認できなかったことだ。

|
|

« 生産拠点の中国進出、その果てに | トップページ | 子供の可聴周波数域もチェックしてみた »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/42868372

この記事へのトラックバック一覧です: 歳を取ると高音が聞こえなくなると言うけれど:

« 生産拠点の中国進出、その果てに | トップページ | 子供の可聴周波数域もチェックしてみた »