« 歳を取ると高音が聞こえなくなると言うけれど | トップページ | ひさびさにアリのお話 »

2008/10/23

子供の可聴周波数域もチェックしてみた

 前回は、可聴周波数域チェッカ で自分の耳がどこまで高域まで聞こえるか、の話をした。

 その後、子供とカミさんの耳もチェックしてみた。すると、

  • 子供(小学生): 17,600Hz
  • カミさん(アラフォー): 13,400Hz

だった。

 子供をチェックするまでは、「実はイヤホンの性能の限界で 14,000Hz以上 が聞こえないんじゃないか?」 と疑っていたが、残念ながら(?) イヤホンからはきちんと14,000Hz以上の音も出ていたようだ。

 また、カミさんは若いときからヘッドホンステレオで、ずっと英会話などの勉強をしていたので、きっと私より耳の劣化が進んでいると予想していたのだが、これも残念ながらcoldsweats01、私と同じように平均的な劣化具合だった。

 子供と比較することで、確かに自分の耳が劣化=老化していることが実感できた。平均的な劣化具合なのだけれど、やっぱり何か残念な気がしている。

|
|

« 歳を取ると高音が聞こえなくなると言うけれど | トップページ | ひさびさにアリのお話 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/42881504

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の可聴周波数域もチェックしてみた:

« 歳を取ると高音が聞こえなくなると言うけれど | トップページ | ひさびさにアリのお話 »