« 今冬は電気毛布で乗り切れそうだ | トップページ | 経営者の発言は要注意 »

2008/11/07

浜名湖周辺観光に行ってきました

 三日間、浜名湖周辺を旅行していた。行く前はさほど期待してなかったけれど、いくつかの観光地を回っていたら、それなりに楽しめた。

 また、泊まったホテルも、宿泊代を考えると、料理のレベルは充分に高いと思えた。料理と温泉に限定すれば、かなりお勧めのホテルだ。

 ちなみに宿泊したホテルは、“三ケ日温泉 ホテルリステル浜名湖” だ。

 お勧めできるのは、『おいしい料理が食べられれば満足』、『部屋の豪華さは気にしない』 人に対してだ。

 お世辞にも、建物や室内に “高級感” があるとはいえない。だが、私にとってはそんなことはたいして重要ではない。それよりも夕食のバイキングで、どれを食べても “ハズレ” がなかったのは、ここが初めてだ。北海道のホテルに泊まったときのバイキングでは、刺身は解凍が失敗したような水っぽいものだったし、カニは水気のないボソボソのものしか出されてなかった。また、これまで食べてきたバイキングのすべてで、おいしいものもあるが、半分以上はおかわりしたいとは思わないモノだった。それを考えると、ここのバイキングのレベルは、相当に高い。

 露天風呂からは日の出が見える。私は二日とも日の出前に湯船に入り、湯につかりながら日の出を拝んだ。

 そんなホテルに泊まりながら、中日は車を借りてあちこちの観光地を回った。

 東海地方最大の鍾乳洞だそうだ。

 洞窟内に大きな滝があり、その滝の下を進んで先に行くのは、他の鍾乳洞では見たことがない。私の小学生の子供にとってははじめての鍾乳洞であり、なかなか面白かったようだ。

 ここはなんと言っても、無料でいろいろ体験できるのがいい。coldsweats01

 実機の機材とオイルダンパーを使ったフライトシミュレーターは、他ではなかなか体験できないだろう。もちろん無料だ。他にも何機ものコックピットに座れるので、航空機好きにはたまらない施設ではなかろうか。

 無料で観られるので話の種に観ても損はないだろうが、ドームスクリーンによる全天周シアター映像は、無理して観るほどのことはないと思った。特に、映像酔いしやすい人は避けたほうがよいだろう。

 “うなぎパイ” で有名な春華堂の工場を “無料” で見学できる施設だ。訪問記念に一人1本のうなぎパイをもらえる。

 見られるのは、成型したパイを焼くところから、袋詰めして、箱詰めするまでだ。生地をこねるところが見られないのが残念だった。

 お土産販売では、ちょっとイビツと思われるうなぎパイを、まとめて袋詰めした “お徳用うなぎパイ” を買った。一般のお土産屋では見られなかったので、おそらくここの直売所限定商品なのだろう。味は変わらないのだから、量が多くてお買い得だ。

 国道1号線の浜名バイパスが遠州灘を通過する部分の大橋だ。

 水面よりかなり高くなっているため、浜名湖が一望できる。車でしか通行できないが、車で移動しているなら、一度通過してみる価値はある。当然、名古屋方面から東京方面への上り方向が浜名湖をよく見ることが出来る。

 ロープウェイよりは、ロープウェイで登った大草山展望台からの展望がお勧めだ。

 私が登ったときは残念ながらかすんでいて富士山が見えなかった。とはいえ、浜名湖がほぼ端から端まで見渡せる。なかなかに気持ちよかった。

---------------

 幸いにして三日間とも晴天に恵まれた。おかげで雨、風に悩まされることなく、旅行を楽しむことが出来た。釣りの趣味があればもっと楽しめたのだろうが、湖の周辺をドライブするだけでもそれなりに楽しめた。

 『西の琵琶湖、東の浜名湖』 と言われていたらしいので、次の観光地は、琵琶湖になるかもしれない。

|
|

« 今冬は電気毛布で乗り切れそうだ | トップページ | 経営者の発言は要注意 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/43038897

この記事へのトラックバック一覧です: 浜名湖周辺観光に行ってきました:

« 今冬は電気毛布で乗り切れそうだ | トップページ | 経営者の発言は要注意 »