« 年末のご挨拶 | トップページ | 新年一般参賀にいってきた »

2009/01/04

お正月に日本の伝統行事について思う

 皆様、新年明けましておめでとうございます。

 さて、私は高校生の頃には、お正月を楽しめなくなっていた。

  • 「お正月だからといって、自然界は他の日と変わることなく動いている」
  • 「お正月なんて、他に楽しみのない昔の人たちが楽しんだもの」
  • 「毎年同じようなくだらない特番しか見られないなら、いつも楽しみにしているシリーズモノの方を放送して欲しい」

等など、若者にありがちな冷めた気持ちで正月を過ごしていた。

 もっとも、正月やお盆といった伝統行事には、今でも私は否定的だ。正月を祝う気持ちもほとんどないし、お盆やお彼岸に墓参りをする気持ちもない。

 私の父親は、お正月には “お正月様” 用の神棚を作り、三が日は毎日欠かさずお供えをしている。私も小さい頃からそれを見て育ってきたのだが、私自身はそれを自宅でやるつもりはない。子供に伝えようという気持ちもない。

 私には、それらの必要性が感じられないため、祝ったりお供えしたりといったことへのモチベーションがないのだ。

 伝統行事には、それなりの理由があって始まったはずだ。

 近世までは、人口の多くが農業従事者であり、1年のほとんどを農作業に費やさなければ生活が出来なかった。そこで、『せめて正月くらいはゆっくり休もう』 となったのは、ごく自然な流れだ。おせち料理も、普段は休むことの出来ない女性を正月に休ませるために、あらかじめ作り置きするものと考えれば、やはり意味がある。

 振り返って、現代はどうだろう。

 コンビニエンスストアがあり、スーパーさえ正月一日から営業している時代だ。あらかじめ食材や料理を確保しておかなくても、飢えることはない。

 労働者の多くも企業づとめであり、週に1日か2日は休めている人がほとんどだ。であれば、正月だからといって、あえて体を休める理由もない。

 春秋のお祭も、農業中心社会であれば、今年の豊作を願ったり、収穫に感謝する意味があった。それも現代では、その時期にお祝いする理由はなくなっている。

 実際、おせち料理を準備する家庭は減ってきているというニュースもよく耳にする。おせち料理の中身も、あまり人気のない煮物や佃煮ではなく、よりおいしい中華や洋食のおせち料理(?)が人気だという。

 年賀状の配達総数も、何年も前からずっと右肩下がりに下がり続けている。さすがに、年明けの挨拶をしたい気持ちはあるようで、メールによる “年賀メール” やケータイによる “おめでとう通話” は増えているようだ。

 伝統行事が、社会システムの必要に応じて始まったのだから、社会情勢の変化によってなくなっていっても、なんらフシギではない。

 米国で働いていたときは、12月31日の夜まで通常通りに働いていた。1月1日は祝日だが、1月2日からは通常勤務となる。年末年始の長期休暇が、日本以外でもあるわけではない。もっとも、米国ではクリスマス前後に数日の休みがある。もっと極端なケースでは、11月下旬のサンクスギビングデーから1月2日まで、一月以上休暇をとる人もまれではなくいる・・・。

 今の若い世代がそれほどお正月を祝っている様子もないし、お盆だからといって先祖にお参りに行っているようにも見えない。

 だから、あと20~30年も経てば、お正月もお盆も様変わりをしているのではなかろうか。ハガキで年賀状を出すことはほとんどなくなり、伝統的なおせち料理を準備する家庭もほとんどない。家族の好きな料理をつめた名前だけのおせち料理は、残っているかもしれないが。

 お墓参りをしてこなかったから、自分のもされないだろうと、お墓を作らずに散骨で済ませる人が増えることも予想できる。そうやってお墓参りをする人が減ったときに、はたしてお盆休みは残っていくのだろうか?単なる夏休みとして残っていくのだろうか?

 『伝統行事は残していくべきだ』 というつもりはないし、『そんなものはとっとと無くしてしまえ』 というつもりもない。たんに私は、昔から続いているからという理由だけで、私もやりたいと思わないだけである。

 いずれにしろ、多くの日本人がやりたいと思えば残っていくだろうし、やりたくないと思えば消えていく。

|
|

« 年末のご挨拶 | トップページ | 新年一般参賀にいってきた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/43633825

この記事へのトラックバック一覧です: お正月に日本の伝統行事について思う:

» 今年もまた同じことを書いてます (^_^;) [今日思うこと]
新年あけましておめでとうございます。  さて、新年1発目の記事には、新年を含めて日本の伝統行事の私感について書いてみようかと思った。とりあえず、去年の1発目の記事にはどんなことを書いたのかと見返してみ... [続きを読む]

受信: 2010/01/01 14:38

« 年末のご挨拶 | トップページ | 新年一般参賀にいってきた »