« またもや二回目の法則 | トップページ | デジカメ用USB電源ケーブルの作成 (その1) »

2009/03/23

汎用品をつかってくれればと思う

 前回、ケータイやポータブルゲーム機のための外部バッテリーを追加で買うことになった話をした。

 せっかく二つも外部バッテリーがあるので、よく使うデジカメの外部バッテリーとしても使えないかと考えた。何しろデジカメは使用頻度が高い。デジカメには小型のバッテリーしか使われないため、たいていメモリーを使い切る前にバッテリーがなくなってしまう。

 予備のバッテリーも用意していたのだが、最初から使っていたほうのバッテリーが使えなくなってしまい、今は予備バッテリー1つの状況になってしまった。

 その一方でそろそろデジカメを買い換えることを考えているため、今後使わなくなっていくデジカメのための予備バッテリーをこれから買うのも無駄に思える。

 そこでせっかくの外部バッテリーをデジカメの外部バッテリーに使えないかと考えたのだ。

 しかし、これが大問題だ。なぜなら、デジカメの外部端子は特殊な端子が使われる場合が多いからだ。

 たとえば今使っている サンヨー Xacti C4 のACアダプターの端子は、漢字の “日” 字のような端子を使っている。

 ラジカセなどでよく使われる ◎ 型の端子であれば何とかなりそうだが、特殊な端子では自作するのも一筋縄ではいかなそうだ。

 そう思っていたら、こんな記事が検索で引っかかった。

【Xacti】 ACアダプタ改

 これの発想の転換には私は気がつかなかった。coldsweats01

 ケーブルを切ってしまったらACアダプターが使えなくなるとばかり思い込んでいたが、切ったケーブルにUSB端子をつけるのだから、ACアダプター側にもUSB端子をつければ今までどおりに使えるではないか。

 次のデジカメとして、パナソニック LUMIX DMC-TZ7 を考えている。

 取扱説明書によれば、この LUMIX TZ7 がまた、外部電源をかたくなに拒んでいるかのような仕様になっている。

 まず、「ACアダプターが別売り」。そして、「ACアダプターを本体に接続するためにマルチ変換アダプターが必要」。そのうえ、「端子がすべて特殊」。

 という、利用者にケンカを売っているとしか思えないような仕様だ。

 確かに汎用品を使うと、よく理解していないユーザーが変なものを接続してしまい、思わぬ故障の原因になることを避けたいのだろうということは、私もモノの開発に携わった者としては、容易に想像できる。

 しかし、外部バッテリーのような便利なものがすでに世の中にあるという現実を拒否して、自分たちにの都合だけで利用者から利便性を奪うというのは、やはり今の私には納得できない。

 あのマイクロソフトでさえ、主力のオフィスソフトのファイル形式を独自のバイナリーから、誰もが使えるXML形式に替えてくるほどに今や “汎用性” が商品のセールスポイントになる時代だ。

 自社独自のモノを使い、ユーザーが買い換えたら使い回しができずにゴミになってしまうような製品作りは一刻も早くやめてもらいたいものである。

|
|

« またもや二回目の法則 | トップページ | デジカメ用USB電源ケーブルの作成 (その1) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/44416286

この記事へのトラックバック一覧です: 汎用品をつかってくれればと思う:

« またもや二回目の法則 | トップページ | デジカメ用USB電源ケーブルの作成 (その1) »