« PlayStation Portable のグリップを買ってきた | トップページ | プリン作りに兆戦 »

2009/05/25

安物買いの銭失い 【イヤホン編】

 あいかわらず遊び続けている 機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル だが、遊ぶときはいつもイヤホンをつけている。このゲーム、自分の周囲360度が全て戦場であるにもかかわらず、画面で見られるのは前方の極限られた範囲でしかない。音の方向や大きさは、うまくプレイするための重要な要素なのだ。

 PSP (PlayStation Portable) 本体にもステレオスピーカーがついているのだが、お世辞にも音質はよくないし、左右の幅も狭いためにステレオ感もあまり感じられない。

 周囲への音漏れも考慮すると、必然的にイヤホンを使用してのプレイとなる。

 で、本題のイヤホンであるが、ずっと使っているのがソニーの “耳掛け型” のイヤホンだ。これは10年近く前に、カミさんがカセットテープ用ウォークマンで英語を勉強していたときに使っていたものだ。詳しい値段は忘れてしまったが、おそらく千~2千円ぐらいだったと思う。

 この耳掛け型イヤホンは、音はよいのだがいかんせん、かさばる。また、外耳に引っ掛けるためのフックがよくコード等に引っかかるため、とりまわしもよくない。

 そこでなんとなく 「もっと小型のモノに買い換えなきゃな」 と思っていた。とはいえ、これまで散々インナーイヤー型のイヤホンが簡単に壊れるのを経験してきていて、さらにそれほど音質にこだわりもないので、高価なイヤホンを買う気はさらさらなかった。

 そんなある日、100円ショップに行ったときに電気製品のコーナーを見ていたら、“カナル型” のイヤホンが置いてあった。「これは珍しい」 と思い、さっそく一つ購入した。

 家に帰ると、買ったカナル型イヤホンを PSP に接続をして、ゲームを遊んでみた。

 結果は、・・・。ものの見事にはずれだった。orz

 まぁ、値段が値段なので、そんな高性能なものを期待してたわけではない。確かに音は AM ラジオを聞いているような高音も低音も乏しいものでしかない。だがそれは、価格から考えて許容できた。

 私が実用にならないと思った点は、

  • イヤホンのコードが服などにすれる音が、大きく耳に響くこと

だ。

 カナル型は、耳栓のように耳の穴に密着する。そのため、イヤホンコードが発生させた雑音が直接外耳に伝わるのだ。それが骨伝道によって、大きな音に聞こえてしまうのだ。

 おそらく、数千円以上もする高級カナル型イヤホンは、そのあたりをきちんと処理しているのだろう。だが、なにしろ100円だ。そんな問題など考慮することもなく、形だけで製品にしたに違いない。

 いずれにしろ、100円のカナル型イヤホンは、私にはまったく使えないものであることがわかった。

 これならば、素直にいつも買っているインナーイヤー型にすればよかったと後悔した。

|
|

« PlayStation Portable のグリップを買ってきた | トップページ | プリン作りに兆戦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/45043730

この記事へのトラックバック一覧です: 安物買いの銭失い 【イヤホン編】:

« PlayStation Portable のグリップを買ってきた | トップページ | プリン作りに兆戦 »