« 今日の女王アリ (7月3日) | トップページ | キーボードが使えなくなった時は »

2009/07/06

キーボードが使えなくなった!

 なんだかんだで現在は ロジクール マウス LX8 を使っている。

 ところが、ロジクールのマウスとキーボード用のユーティリティ “SetPoint” の動きがどうも怪しいことに気がついた。具体的には、日単位で使い続けると、システムの動作がどんどん重たくなってくるのだ。

 ある日、ふと思いついて、タスクマネージャーから SetPoint を強制的に終了させると、長時間使い続けてもシステムが重たくならなかった。どうも、わずかだと思うが、SetPoint がメモリリークをしているような気がする。

 そこで、マウスの使い勝手が悪くなるのを承知で SetPoint をアンインストールすることにした。そして、これが悪夢の始まりだった。

 まず、SetPoint の削除方法に戸惑った。コントロール パネルのプログラムの追加と削除内を見ても、SetPoint がなかなか見つけられなかったのだ。

 私は “Logicool” や “SetPoint” で探していたのだが、プログラムの追加と削除には 『ロジクール SetPoint』 で登録されていた。

 SetPoint の削除自体は、何の問題もなく終わった。SetPoint 削除後は、強制的にシステムの再起動が要求される。

 そして、再起動後に、その問題は起こった。キーボードが “使用不可” になってしまったのだ。SetPoint を削除したことによる問題なのは明らかだった。

 デバイス マネージャーから、キーボード ドライバーを削除してみたり、キーボード ドライバーを入れなおしてみたりしたが、問題は解決しなかった。

 そこで、エラーメッセージをマウスでコピーペーストしてググってみると、なんと、同様の問題とその解決方法を紹介してくれる人たちが、何人もいるではないか。happy02

 とりあえず私がお世話になったのは、ここだ。

はっしぃの映画三昧!WindowsXPで日本語キーボードが英語キーボードに・・・

 ただし、上の 「この状態の回復方法」 で紹介されている方法を実行する前に、やっておく作業がある。

 SetPoint を削除した状態だと、キーボードが 「不明なデバイス」 になってしまっている。これを一度 「日本語 PS/2 キーボード」 にしておく必要がある。具体的には、「不明なデバイス」 を右クリックして “ドライバーの更新・・・” を実行する。

 キーボード ドライバーを変更しないと、どうも上のサイトで説明されているレジストリの値が “4” に切り替わらないようだ。

 キーボードを 「日本語 PS/2 キーボード」 にしても、引き続き問題が発生している状態になっているので、ここでようやく上記サイトの 「この状態の回復方法」 を実行して、レジストリを書き換える。

 書き換えた後は、システムを再起動すれば、元の通りにキーボードが使えるようになる。

 それにしても・・・。

 SetPoint はマウスだけでなく、キーボードをカスタマイズするためのユーティリティになっている。そのために、SetPoint をアンインストールするとキーボード環境にまで問題が及んだようだ。

 長時間使い続けるとシステムの動作が重たくなる現象といい、ユーティリティのアンインストールでユーザー環境を壊す点といい、どうもソフトウェアの作りこみが甘い気がする。

 よいハードウェアを作ってくれているだけに残念である。

|
|

« 今日の女王アリ (7月3日) | トップページ | キーボードが使えなくなった時は »

テスティング」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/45556103

この記事へのトラックバック一覧です: キーボードが使えなくなった!:

» WindowsXPで日本語キーボードが英語キーボードに・・・ [はっしぃの映画三昧!]
#63904;アクシデントの総纏めです。#63904; #63905;今回の事態を纏めてみました。#63896; ■キーワード ・WindowsXP(WindowsXP) ・PS/2サービス(PS/2サービス) ・USBキーボード(USBキーボード) ・USBマウス(USBマウス) ・日本語キ..... [続きを読む]

受信: 2009/07/09 00:32

« 今日の女王アリ (7月3日) | トップページ | キーボードが使えなくなった時は »