« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の2件の記事

2009/08/22

カーナビの役割

 1ヶ月の間に2度もレンタカーを借りて旅行した。これまでは、レンタカーを借りても年に2~3回。1ヶ月に2回もレンタカーを借りたことはなかった。

 その2台のレンタカーは、車の排気量もレンタカー屋も異なっていたのだが、一番違いに驚かされたのは、カーナビの違いだった。

 余談になるが、最近のレンタカーにはETCもついているため、ETCカードさえ準備すれば、ETC割引の恩恵にあずかれるのが、なにげに気に入っている。逆に、地方の有料道路でETCに対応していない料金所に出くわすと、とてもめんどくさく感じるようになってしまった。coldsweats01
 そういえば、箱根方面でETCカードを渡して支払いをする料金所が、1箇所あった。

 さて、カーナビの話である。

 先月終わりに小型車を借りて伊豆半島を旅行した。車はまだ数千Kmしか走っていない新車だったのできわめて快適だった。

 ところが、ついていたカーナビが最悪だった。

 まず、『目的地の追加ができない』 のだ。

 途中休憩をしている間に、面白そうな観光地を見つけたとする。最終目的地を保持したまま、途中に経由地を追加しようとしても、なんと、できないのだ。それまで設定していた目的地を削除して、新しい目的地を指定することしかできなかった。

 当然、経由地から出発する時に、再び元の目的地を設定しなおす必要がある。なんともめんどくさいことをさせる。

 次に、『別な最適なルートを選びなおさない』 ことがあった。

 ドライブ途中で、指定されたルートからちょっと外れて休憩したあと、それまで 「残り 30Km」 がいきなり 「残り80km」 と表示されていたのだ。

 ビックリしてよくよくみると、目的地まで直線の道路が通じているにもかかわらず、だいぶ離れた市街地を経由するルートを指定していたのだ。

 それでも、音声案内を無視してしばらく最短ルートを走っていれば、そちらのルートを案内するようになるだろうと思っていたら、なんと、執拗にその“長距離ルート”へとカーナビは誘導するのだ。

 結局、最短ルートに案内を変更したのは、最短ルートを半分ほど過ぎたあたりだった。

 その最悪のカーナビに比べて、先日借りたレンタカーについていたカーナビは、しごく “普通” のカーナビであった。

 経由地を何ヶ所か指定することが、普通にできた。

 ルート変更も早めに切り替わった。たとえば、「最短距離」 オプションでルートを選択したところ、高速道路に乗るインターチェンジに二つ先インターチェンジが案内されていた。トータルとしては長い距離になるが、最寄のインターチェンジに乗るべく案内を無視して運転していたが、最寄のインターチェンジが近づくときちんと目の前のインターチェンジから目的地に行くルートが案内された。

---------------

 カーナビの一番の目的は、間違いなくドライバーを目的地に誘導することだ。その意味で、先月借りたレンタカーのカーナビも目的をはたしているといえる。

 しかし、なぜ目的地に誘導する必要があるかといえば、ドライブをより快適にするためである。道に迷ったり、どの交差点で曲がればよいのか迷ったり、渋滞に巻き込まれたり。すべてドライバーを不快にさせるものだ。

 そういった不快なものを取り除き、ドライバーに安心感を与えて、安全な運転を行えるようにするのがカーナビの役割のはずだ。

 それなのに、期待したようにカーナビが案内してくれないために、フラストレーションがたまるようでは、やはりそのカーナビは十分に役割をはたしていないように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/08/09

激痛!!

 今週の月曜日、8月3日から、実は腰痛でずっと横になっていた。

 2週間ぐらい前から腰が痛み始めたのは気がついていたのだが、気をつけていればそのうち直るだろうと、高をくくっていた。

 実は、2年ほど前にも歩けないほどの腰痛となっていた。それ以来、なるべく腰に負担をかけないような生活を心がけていたのだ。

 ところが、日曜日、8月2日の夜から急に痛みが増し、まともに立って歩けなくなった。さすがにこれはヤバいと思い、その日は早く床についた。

 そして問題の翌日月曜日、朝起き上がろうとしても、体をよじるだけで背中から腰にかけて激痛が走り、まともに起き上がれない状態になっていた。

 それでも用を足さなければいけないので、小も便座に座りながら行い、やはり立ち上がる時に激痛に襲われながら居間まで這って歩いた。そして、居間のイスに何とか腰掛けた。

 これがよくなかった。

 イスから立ち上がることもできず、四つんばいになろうとして腰をかがめても背中に激痛が走ったのだ。

 仕方なく、カミさんを呼んでイスから床に引っ張ってもらおうとした時、最大の悲劇が私を襲った。

 これまで経験したことのない激痛が、私の背中に走ったのだった。

 その激痛で、私は目の前が、比ゆ的ではなく本当に真っ白になり、気を失う寸前の状態だった。

 この時、『痛みで気を失うことがある』 ことが本当であることを実感した。

 幸い(?)なことに、その時は気を失わなかった。

 そして、痛みをこらえながら何とか床に入り、その日一日、まともに寝返りをうつこともできずに、ずっと寝ていた。

 翌日もほとんど起きられず、壁に手をつきながらなんとか室内を移動できるようになったのは、3日目の水曜日になってからだった。

 結局先週1週間は、ずっと横になっていた。悪夢のような1週間だった。

 もっとも、まだ腰痛は幾分残っている。来週、実家に帰省するまでには、長い時間歩けるくらいに直って欲しいものだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »