« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の6件の記事

2009/12/31

リチウムイオン電池外部バッテリーの急速な劣化に遭遇

 早いもので、2009年も今日を残すのみとなってしまった。とはいうものの、今年最後のブログのネタは大晦日とは全く関係ないものだ。coldsweats01

 今年の3月に2台目の外部バッテリーを購入した。買ってから半年ぐらいは月に1~2度使う程度であったが、日常的にPSP+GPSを持ち歩くようになって急に外部バッテリーの使用頻度が高くなった。最近では、二日に1回充電する頻度で使っている。

 その2台目の外部バッテリーの調子が急に悪くなった。具体的には、PSPを使用しながら外部バッテリーから給電していると、仕様通りならば2時間以上給電できるハズなのだが、30分程度でバッテリー切れの表示になってしまうのだ。

 ただ、一瞬ACコンセントに差し込んでやると、また30分ほど給電できるようになるので、単純なバッテリー切れではなさそうだ。

 どうやら、PSP+GPSでさらにメモリースティックに書き込むような多くの電流を必要とする場面に遭遇すると、急に電圧が下がってしまい、内部で設定されたバッテリー切れ回路に引っかかり、バッテリー切れ状態とされてしまうような感じだ。

 要は、バッテリーが急に劣化してきている感じなのだ。

 試しに、PSPの内蔵バッテリーを使いきって外部バッテリーから充電すると、PSPの内蔵バッテリーが35%になったところで外部バッテリーはバッテリー切れになってしまった。

 PSPの内蔵バッテリーが1200mAhに対して、外部バッテリーは1400mAhなので、理論的には、満タンの外部バッテリーから充電すれば、PSPの内蔵バッテリーを100%にできるはずなのだ。

 最近使用頻度が高くなったとはいえ、それでも充電回数はトータルで100回程度のはずだ。にもかかわらず、この劣化具合はちょっとひどいんじゃないかと思った。

 そこで、外部バッテリーのメーカーサイトを見てみると、製品の保証期間が6ヶ月となっていた。保証期間が切れてから急に調子が悪くなったわけだ。「ん~、これはソニー製かよ」 と思わずパソコンモニターの前で突っ込んでしまった。

 ちょうど1年前に買った1台目の同じメーカーの外部バッテリーは、買った時と同じ感じで使えているので、なおさら2台目の劣化の速さが気になった。

 1台目の外部バッテリーは接続端子が独自形状のためいまいち使いにくくて2台目を買った経緯がある。そのため、いくら1台目が健在であっても解決策にならない。

 こうなると3台目の外部バッテリーが欲しくなってくる。

 しかし、今回のような専用リチウムイオンバッテリーの問題に遭遇してしまうと、次は単三形ニッケル水素電池を使うタイプのバッテリーにしようかと考えている。

 ニッケル水素電池のほうがリチウムイオン電池に比べればずいぶんと重たいが、重たいと言っても高々100g単位の話だ。

 それよりもこれまで10年以上ニッケル水素電池を使ってきているので、ニッケル水素電池には安心感がある。

 ニッケル水素電池をつかう外部バッテリーも、実際に使ってみるとまた当初予想しなかった問題点が見つかるのかもしれない。そうなったら、それはそれでブログのネタになっていいかな、とも考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/12/27

New スーパーマリオブラザーズ Wii、とりあえず終了

 発売日初日に届いた

New スーパーマリオブラザーズ Wii

をとりあえず終わらせることができた。

 エンディングを見て、ボーナスワールドであるワールド9を遊べるようにし、ワールド1~8までのスターコインをすべて集め、ワールド9のコース9-1~9-8までをクリアした。

 まだワールド9のスターコインは集め終わっていないが、流石に超高難易度のワールド9のスターコインを集める気力は残っていない。

 おそらく私の中では、New スーパーマリオブラザーズ Wii はこのままフェードアウトしていくだろう。

 今回のスーパーマリオブラザーズも十分に面白かったと思う。そして、今回のスーパーマリオブラザーズはこれまでとは異なる難しさが加わっていたことを強く感じた。

 それは 『コントローラーの傾きがキャラクター以外の操作に使われる』 点だ。

 自分でゲームをしているときは気がつかないが、他人がゲームしているのを見ていると気がつくことがある。操作しているキャラクタを動かしたい方向に身体を傾けたり、コントローラーを持っている手を動かしたり、“コントローラーを傾けたり” するのだ。

 実際に私が New スーパーマリオ をプレイしている時も、本当は操作しているキャラクターだけを十字キーで左に動かしたいだけなのに、ついついコントローラーを左に傾けてしまうのだ。そのため、稼働する床も左に移動してしまい、思った以上に自キャラクターが左に移動して、敵に捕まる、ということがよくあった。

 ひどいときは、キャラクターの移動に使う十字キーと床の移動に使うコントローラーの傾きがゴチャマゼになってしまい、必死でコントローラを傾けて自キャラクターを移動させようとする自分に気がついて苦笑いしてしまった。

 稼働する床も操作できるキャラクターの一つだと考えると、一つのコントローラーで “マリオ” と “床” という異なる二つのキャラクターを操作しなければいけないという難しさが、今回の New スーパーマリオブラザーズ Wii の要だと感じた。

 それはさしずめ、“右手と左手を逆方向に回したり”、“右手で二拍子をとりつつ同じリズムで左手は三拍子をとる” という難しに通じるものだと思う。

 Wii Fit でも Wii Fit Plus になって、「足で左右に移動しながら手で照準を合わせる」、「手と足で別々のシーソーを操作してボールを仕分けする」、といった操作が多く導入されている。

 十字キーとボタンの操作でも左手と右手では全く別な操作をしているため、それなりに脳が活性化していると思う。だが Wii の操作は 押す・離す というデジタル的な操作にとどまらず、上下左右前後の任意の位置という空間的な複数の操作を要求しているという点で、脳の活性化具合はゲームパッドとは比べ物にならないくらい大きいだろうということは、素人の私でも容易に想像できる。

 任天堂は本当にすごいゲームシステムを作ったものだと、あらためて感心してしまった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009/12/21

PSP+GPS+延長ケーブルについて

 前に、「日常的にPSP+GPSを持ち歩いて自分の移動経路を記録している」 という話をした。そして、1ヶ月以上日常的にPSP+GPSを持ち歩いて、記録も20日分以上たまってくると、いろいろな傾向が見えてきた。

1.GPS衛星の捕捉速度と精度向上のためのアンテナ補助について

 PSP+GPSは、コールドスタート時に5分以上待たされることは、すでに一般常識化coldsweats01しつつある。そのため、GPSの感度を上げる方法がいろいろ試されている。

 その中で一番お手軽なのが 『10円玉をGPSユニット裏に張り付ける』 というものだ。さらに、ステンレス製ということで100円ショップで売っていた 『マグネット取り付けパネル』 も買って試してみた。

 結論から言えば、USB延長ケーブル使用時には、それらのアンテナ補助はかえって無い方が良さそうだ。アンテナ補助があると、かえって測位のフラつきが大きくなる傾向があった。

 アンテナ補助がマイナスに働くという見解は、こちらのサイトでも見られた。

MAPLUSで衛星捕捉を速くする方法

 なので、正規の使い方であるGPSユニットをPSPに直付けして使っている場合も、最初の測位開始時にはアンテナ補助をつけて、測位開始後にはアンテナ補助をすぐ取り外せるような形で使うのが良いのではないかと思った。

2. USB延長ケーブルの接触不良について

 PSPでGPSユニットを使う際に、USB延長ケーブルは極めて有効だ。最初の測位開始の時間が大幅に短縮され、PSPは見やすい位置に配置をしながらGPSユニットは衛星を補足しやすいいちに配置できるというレイアウトの面でも有利だ。

 ただ、USB延長ケーブルにも問題が無いわけではない。それがコネクタ部の接触不良だ。

 私の場合も、USB延長ケーブルを使い始めてしばらくは何も問題はなかった。だが、1ヶ月を過ぎたあたりから、急に測位結果が不安定になる時があった。ひどいときには、東京にいるのに、測位結果が秋田県を指したりするのだ。

 最初、原因がわからなかったが、そのうちに 「どうも移動中の振動でUSBコネクタが接触不良を起こしているようだ」 ということがわかってきた。

 確かに PSPと延長ケーブル や GPSユニットと延長ケーブル の接続はコネクタだけであり、固定のための器具は使っていなかった。

 ググッて調べてみると、同じような症状に困って、自分なりに対応している話もあった。

GPS延長接触不良改善

 私はと言えば、GPSユニット側は手元にあったアルミ製の針金を使って固定をした。
 2009122101(クリックで拡大)

 PSP側は、手元に良い固定金具が見当たらなかったので、とりあえず両面テープで固定をした。
 2009122102 (クリックで拡大)

 厚さが1mmのスポンジ付き両面テープを使った。PSPと延長ケーブルのコネクタの間に隙間があるのが見えるが、GPSを使用している限りにおいてはなんの問題もなく使えている。

 せっかくPSPにネジ穴があるので、本当はコネクタをPSPにネジ止めしたいと思っているので、そのうちチャレンする予定だ。

3.測位不可状態について

 みんなの地図3でGPSログを取っていると、時々いくら待ってもGPSによる測位ができなくなる時を、何度か経験した。

 みんなの地図3自体の操作は可能だし、GPSによる測位を行おうとしている様子もうかがえるが、待てど暮らせど測位が成功しない。

 そうなると、みんなの地図3を終了するだけでは症状が治らない。いったんPSPの電源を落として、PSPの再起動→みんなの地図3の再起動、を行うと嘘のようにすんなりとGPSの測位が成功する。

 具体的な再現手順は今のところはっきりとしない。ただ、GPSログを記録している最中に、長時間(30分以上?)GPSの測位に成功しない時に、この問題が起こりやすい気がする。

 とはいえ、見晴らしの良いところでこの問題に遭遇したこともあり、「よくわからない」 というのが正直なところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/12/18

ニッケル水素電池について

 今回の スーパーマリオブラザーズ Wii は、4人まで同時に遊べるということで、現在2本ある Wii リモコンを、4本に増やすことにした。ちょうど、アオとピンクの2色が新発売したので、アオとピンクを1本ずつ買った。

 Wii リモコンには当然電池が必要で、我が家では以前にデジカメで使っていた単3形のニッケル水素電池を Wii リモコンに流用している。ので、新しく買った Wii リモコン用に新しいニッケル水素電池を4本追加購入することにした。

 で、ここで実は 「やってしまった」。

 安いと思ってインターネットショップで購入したニッケル水素電池が、なんと 『単4形』 だったのだ。○| ̄|_

 手元に届いて間違いに気がついてから、改めて購入ページや確認メールを見直してみると、確かに 『単4形』 と書いてあった・・・。思い込みは、こわいな~。weep

 とりあえず単3形を買い直して、Wii リモコン アオとピンクは使えるようになった。

----------
 今回はサンヨーの新型エネループの単3形を買ったのだが、最初からそれを買うつもりではなかった。最初は同じサンヨーの大容量ニッケル水素電池を買うつもりだった。

 私が最初にニッケル水素電池を買ったのは、最初にデジカメを買った1996年だ。その時の容量は1300mAhだった。その後、より大容量のニッケル水素電池が発売される度に追加でニッケル水素電池を購入して、我が家で最大の容量を持つニッケル水素電池は2000mAhになった。

 その後は専用電池のデジカメに買い換えたため、上記の2500mAhのニッケル水素電池が発売されたのは知っていたが、買うことはなかった。

 今回数年ぶりにニッケル水素電池を買うにあたり、当然現在の最大容量のモノを買うつもりだった。なにしろ、電池の交換はめんどくさい。容量が大きければそれだけ電池交換の手間も省けるため、多少高価であっても大容量のモノを買うつもりであった。

 だが、現在サンヨーが主力として売り出しているのは、以前に大々的に売り出した大容量タイプではない。念のためにエネループの容量を調べてみたら、なんと “1900mAh”であった。私が数年以上前に買ったニッケル水素電池と同じかむしろ少ないぐらいだ。

 一時あれだけ大容量を競い合っていたのに、今は容量を注意深く探さないと分からないようにされている。

 「これは何かあるな」 と感じて、すぐにググッてみた。

 答えはすぐに見つかった。

ニッケル水素電池の容量アップの問題点について

 「やはり」と言うべきか、「なんと」と言うべきか。無理に詰め込みすぎたために、商品としてはかなり問題を抱えることになったようだ。

 さらに、具体的に自分でテストをして問題を指摘している人もいた。

三洋2700 HR-3UGその後

 いくら大容量であっても、数十回の充電で使えなくなってしまうのでは流石に買う気にならない。

 それに比べて、主力商品であるエネループは、ニッケル水素電池としては高い電圧を長く維持するというレポートも上記のサイトでわかった。

 ニッケル水素電池は、アルカリ電池よりも最大電圧が低いため、機器によってはまだ十分に電力を残しているのに、そうそうにニッケル水素電池に電池切れの烙印を押してしまう。電圧が高ければ、そういう問題も起こりにくくなる。

 エネループを買うに至ったのには、そういう理由があった。

----------
 余談になるが、うっかり買ってしまった単4形エネループは、子どもが使っているオモチャの音楽プレーヤーに使っている。このプレーヤー、かなり高い電圧を要求するらしく、まだ十分に電力の残っているアルカリ電池でも、簡単に 「電池切れ」 にしてしまい、電池代がバカにならない。その上、試しに100円ショップで買ったニッケル水素電池では、満充電状態でも電圧が足りないらしく、最初から 「電池切れ」 を宣言されてしまった。

 それがエネループでは問題なく動作しているのだ。容量だけ見れば何世代も前のモノに見えるが、実用的な部分で新世代型なんだなということを、なんとなく感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009/12/10

スーパーマリオWii、はじめました

 Wii を持っている人の8割は遊ぶと勝手に私が予想している

New スーパーマリオブラザーズ Wii

を、私も発売初日にゲットして日々遊んでいる。なにしろ、私は ファミコン版スーパーマリオ から遊んできている。スーパーマリオの面白さはよく理解しているつもりだ。

 そして私の子供は DS版スパーマリオ から遊び初めて、やはりスーパーマリオにどっぷり使っている。ただ私はどうも携帯型ゲーム機でスーパーマリオを遊ぶことに違和感を感じたため、DS版は数時間遊んだだけだった。

 今回ようやく据え置き型でスーパーマリオが発売されたことで、どっぷりとはまって遊んでいる。

 1週間ほど遊んでみて感じたのは、

  「あれ?スーパーマリオってこんなにむずかしかったっけ?」

ということだ。

 スーパーマリオ・シリーズは、初めてチャレンジするときは 「こんなのクリア出来るのか?」 と感じるものの、何度かチャレンジすると意外と楽にクリアできるようになっていった。

 ところが、今回の スーパーマリオWii は、何度かチャレンジするとクリアできるのはそのとおりなのだが、クリアできるようになった部分に対しても、いぜん難しく感じる部分が残る。

 それが製作者の意図によるものなのか、単に私が歳をとったせいなのかは、わからない。coldsweats01 とにかく、私にとってはえらく難易度の高いスーパーマリオになったように感じるのは事実だ。

 もっとも、それでも 「おもしろい」 と感じさせるように作られているのはさすがだと思った。

 それと、スーパーマリオWii では、複数のプレーヤーで同時に遊ぶことが出来るようになっているのも大きな特徴だ。

 さっそく我が家でも、私と子供とでプレイしてみた。

 そして、結論から言えば、複数でプレイすると逆に難易度が “上がる”。coldsweats02

 本来であれば味方であるはずの別プレーヤーが、はっきり言って邪魔にしからならない。bearing

 ひとりでプレイすれば、パワーアップアイテムを自分の都合でとることができたが、複数でプレイすると、相手にパワーアップアイテムを取られてしまうため、思うようにパワーアップできない。

 また、ジャンプや着地も、自分ひとりであれば成功するパターンなのに、別プレーヤーがいるために、意図しない高さにジャンプしたり、思った位置に着地できなかったりで、ミスを連発してしまう。

 テレビCMでやっているような、“お互いに協力し合いながら” クリアするというのは、私にはちょっと難しそうだ。

 そうはいうものの、クリアすることにこだわらず、複数でわいわい騒ぎながらプレイすれば盛り上がるのは間違いない。

 すくなくとも、おじいちゃんおばあちゃんが孫の家に DS と ドラゴンクエスト9 を持ち寄って孫とプレイするよりは、孫の家で孫と一緒に スーパーマリオWii をプレイするテレビCMのほうが、ずっと現実味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009/12/05

プリンターがさっそく壊れた

 今年の夏に買ったプリンターが、さっそく壊れた。なんの前兆もなく壊れた。

 最終的には、故障してから直って戻ってくるまで1週間かかった。引き取りに来てもらってから返却されるまでは5日間だった。

 修理されるまでに1週間というのは、まあ、短い方だとは思う。それよりも不満だったのは、かかった費用のほうだ。

 買ってまだ4ヶ月で当然メーカー保証期間内だ。さらに、使用者の過失でもないので、私は一切費用負担がないことを期待していた。しかし、実際そうはならなかった。

 今回もメーカーが準備している “引取りサービス” を利用したのだが、保証期間に関わらず、引取りサービス料がかならず取られるのだ。

 だが、初期不良が発生しなければ、当然引取りサービスも使わなかったはずだ。そして、初期不良は無料修理期間であることから、メーカーに責任があるはずだ。それならば当然修理にかかる輸送費もメーカーが負担すべきだと、私は考えた。だが、実際はそうではなかった。

 ちなみに、買った店でも独自の引取りサービスを持っていたが、そちらはメーカーの倍の費用がかかるため、考慮の対象外だった。

 さらに修理伝票には、故障箇所の修理のほかに 「点検と清掃をおこないました」 とあった。それ自体はありがたかったが、問題はそれによって生じた結果だった。

 修理伝票にはさらに続きがあり、「インクがなくなりましたので、インクタンクを交換してからご使用ください」 と書いてあったのだ。coldsweats02

 メーカーにとってインクタンクなど無料みたいなもの、という話を以前に聞いたことがある。プリンター本体を利益なしで販売して、インクタンクの販売で利益を稼ぐために、インクタンクの販売価格を高額にするビジネスモデルを取っているというのだ。

 ならば、故障、それも初期不良による故障なのだから、無くなったインクタンクを交換してくれるぐらいのサービスする気持ちが欲しかった。

 これまたちなみに、以前にエプソンのプリンターをやはり修理に出したときは、新品のインクタンクが装着されて戻ってきた。

 価格競争でこれでもかというくらいにプリンター価格が下がっているため、アフターサービスにはほとんどコストをかけられないという状況もわからなくはない。

 しかし、1消費者としては、かなり評価の下がる今回の修理であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »