« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の10件の記事

2010/02/26

100円の単三電池型USB式外部バッテリーの最要注意事項

 前回の記事で紹介した “100円単三電池型USB式外部バッテリー” についてだが、実験結果を報告する前に、絶対に注意して欲しいことを先に書くことにした。

 絶対に注意して欲しいこと。それは、

  • 充電が終わった後はすぐに機器からケーブルを切り離す。できればUSBバッテリーケースからニッケル水素充電池を外す

ことだ。

 それは私がやった失敗に基づく。

 この100円外部バッテリーをいろいろと試す過程において、外部バッテリー内の電池が切れるまで充電したら、PSP にどのくらい充電出来るのかを試した。外部バッテリーを PSP につないだまま、一晩放置したのだ。

 朝起きて PSP を確認すると、当然、PSP の充電を示すランプは消えていた。そして、問題が起こっていたのは、外部バッテリー内のニッケル水素充電池の方だった。

 ニッケル水素充電池を外してテスターで電圧を測ってみると、なんと、2本入れていたニッケル水素充電池のうちの1本の電圧が “0V” だったのだ。coldsweats02  いくらテスター棒をニッケル水素充電池の極に当てても、テスターの針がピクリとも動かなかったのだ。

 さすがにこれには私も焦った。

 ニッケル水素充電池について詳しい実験を行っている 『居酒屋ガレージ』さんの報告によれば、

『電池電圧が1V以下になるときに・・・・負極の水素吸蔵合金が若干腐食する反応が起こります。』
つまり、放電が深くなると、通常とは異なる電気化学的な反応がおこり、そのせいで寿命が短くなるということなのです。

とあることから、ニッケル水素充電池の電圧を 1.0V 以下にすることは、危険な行為であることがわかる。ましては電圧が 0V などというのは・・・、トホホである。

 ただ、幸い(?) だったのは、その時に使っていたニッケル水素充電池は、10年以上前にデジカメ用に買った 1600mAh といういつダメになっても惜しくない古いニッケル水素充電池だったということだ。この1600mAhニッケル水素充電池は、すでに通常の急速充電器では充電出来ないくらいに劣化が進んでいて、100円ショップで購入した単に電流を流すだけの充電器で充電しなければならないほどだ。

 この実験をやる前は、

「電圧が下がれば自動的に PSP への充電は打ち切られるので、そうなれば電池からの放電もなくなるはずだから、過放電は起こらないだろう」

勝手に思い込んでいたのだ。

 でも、よくよく考えれば、「PSP への供給が絶たれると出力電流は0になるから、逆に外部バッテリーとしての出力電圧は上がりやすくなる。中の電池の電圧が極端に低くなっても、回路自体に電圧を検知する機能がなければ、無理矢理にでも電圧を上げて電流を流そうとするはずだ。そして、電圧が上がって電流供給が始まったると一気に電圧が下がる。その繰り返しが起こったのではないか。」 と想像することができる。

 前回の記事で紹介した JR7CWK'sぶろぐ さんの記事の中に、

(USB出力電圧を測定すると5Vの電圧が数秒毎に3V位まで低下するのが見られ、充電しようとしているが電流流すと電圧が下がり過ぎるので充電を止めてしまう、そんな動作が繰り返される模様。)

とある。これを読んだ時に気がつくべきであった。

 いずれにしろ、この 100円USBバッテリーを使うのであれば、充電が終わって電流が流れていないからと安心をしないで、充電が終わった時点で即座に機器と切り離すべきだ。そうしないとせっかくの高価なニッケル水素充電池を痛めてしまう可能性がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/24

100円の単三電池型USB式外部バッテリーはどこまで使えるのか

 以前に 「劣化した外部バッテリの代わりに eneloop stick booster を買おうとしたが、性能に疑問が生じたのでキャンセルした」 という記事を書いた。その後、劣化した外部バッテリの代替品を買わずに、よさそうな製品がないかをずっと探していた。

 代替品としてもっとも適当と思われるのは、同じ eneloop ブランドである、SANYO KBC-L2AS だ。5000mAh という圧倒的な大容量と比べて安価であること、USB端子が2つついていることが、その理由だ。

 とはいえ、まだ劣化していないリチウム電池の外部バッテリーがあり、KBC-L2AS の購入には踏み切れないでいた。

 そんな時に、このページ “DC-DC>エコプラス製USB充電用電池BOX by JR7CWK'sぶろぐ” を見つけた。100円であれば、仮に実用的に使えないモノだったとしてあまり懐が痛まないし、後悔も少ない。ということで、100円で買えるUSB式外部バッテリーをずっと探していた。

 そして、その USB式外部バッテリー を先日ようやく入手することができた。

 買ってきて最初に試してみたのは、「何に」、「どの程度」、「使えるか」 のテストだ。なお、電池には SANYO の eneloop の単三形を使った。上記のサイトですでに 「使う電池の電圧が高くないと十分な出力が得られない」 ことがわかっていたからだ。eneloop は、ニッケル水素充電池としては最後まで高い電圧を保つことがわかっている。

 
1.ケータイ電話

 まずは、負荷がもっとも軽いと思われる “ケータイ” から試してみた。使ったのは、私が現在実際に使っている au S002 だ。

 結果は、全然問題なく使えた。ケータイの電源を入れていろいろな作業をしながらも、きっちりと充電状態になることを確認できた。

 
2.Nintendo DSi

 Nintendo DSi への充電も問題は感じられなかった。

 DSi の電源を入れてゲームや音楽の再生をしている時でも、外部からの電力供給を示すインジケータはしっかりと点灯していた。

 
3.SANYO Xacti C4

 動画デジカメの Xacti はさすがに大電流を必要とするようで、実用的に動作させることは出来なかった。

 以前自作したUSBケーブルでつないだのだが、撮影状態にならない。再生にするとかろうじて動作するが、それでもバッテリーの残量が残り少ないことを示すマークが表示されるところを見ると、ギリギリのところで動作しているように見える。

 通常 Xacti を外部バッテリーで使うときは、リチウム電池を使う。リチウム電池外部バッテリーであれば、Xacti は撮影時であっても安定して動作している。

 ちなみに、ACアダプタの仕様を見ると出力が “4.7V 2.0A” と PSP のACアダプタと比べても高出力となっている。それだけの高出力でないと動かない Xacti なのだから、少し多めに電流を流すだけですぐに電圧が低下してしまう100円バッテリーでは当然の結果だと思われる。

 
4.PSP (PlayStation Portable PSP-3000)

 いよいよ本題の PSP である。結論から言えば、紹介した JR7CWK'sぶろぐ に書かれていた結果と同じであった。

 つまり、

  • PSP の電源を切っていれば、充電できる。
  • PSP の電源を入れていると、充電が出来ないどころか、外部電源としても働かない。

という結果だ。

 次回は、私自身が PSP を使って行った簡単な実験の具体的な結果を、報告するつもりだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2010/02/22

久しぶりにはまったモノ 「辛そうで辛くない少し辛いラー油」

 桃屋が発売している 『辛そうで辛くない少し辛いラー油』 に、今とてもハマっている。

 一部ではずいぶん前から人気だったようで、桃屋自身が品薄のお詫びを出すほどに売れていたようだ。

 私はというと、こちらのサイト、

品薄状態が続いている桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」を食べてみました
by Gigazine

でその存在を知った。

 そして、それほどまでにうまいならば、「やはり一度食してみなければなるまい」 と思い、いつも行くスーパーで気をつけて探してみると、ちゃんと置いてあるではないか。速攻で一つ購入する。

 その日の夕食でさっそく食してみる。

 スプーンを差し込んで、スプーンについたラー油を少しなめてみた。「うん、大丈夫。それほど辛くない。むしろ、わずかに辛味があるのがわかる。」

 それと同時に、「うぉ~、ラー油とニンニクの旨味が口いっぱいに広がるゼェ~」 となんとも言えない満足感が得られた。

 さっそく白いご飯の上に少し乗せて食べてみると、「やばい! スプーン一杯分のコレがあれば、ドンブリ一杯はイケる。」 と冗談抜きで思った。

 ご飯以外にも、豆腐、ふろふき大根、寒天、餃子、などにつけて食べてみたが、やはり私には 『白いご飯』 にかけて食べるのが一番美味しく感じる。

 美味しいことにはなんの問題もないのだが、この 辛そうで辛くない少し辛いラー油、全く問題がないわけではない。

 そう、最大の問題は “高カロリー” であることだ。調子に乗って食べると、高カロリー+増える食事量、で大変な事になりそうだ。

 とはいえ、試してみることを無条件でおすすめしたい逸品であることにかわりはない。

 ちなみに、これまた私がよく行くスーパー サミット で、利用者がおススメする商品で、この 辛そうで辛くない少し辛いラー油 が加工食品部門で1位になっていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/20

Wii Video 9 の使い方の簡単な紹介

 前回、Wii の 写真チャンネルで動画を再生するための動画変換ソフトウェア Wii Video 9 を紹介した。

 今回はその Wii Video 9 の簡単な使い方を紹介する。なお、Wii Video 9 はすでに正しくインストールされていることを前提に話を進める。

----------

1.ファイルの指定

 Wii Video 9 を起動すると、まずこの画面が表示される。

Wv901 (クリックで拡大)

 ここでは、左の赤丸でかこった [Video File] をクリックする。

 すると下の画面に切り替わる。

Wv902 (クリックで拡大)

 ここで変換したいファイルを指定する。

 右下の赤丸でかこったボタンをクリックするとファイルを選択するダイアログが表示される。そのダイアログでファイルを指定して [開く] をクリックすれば完了なのだが、拡張子によっては一覧に表示されない場合がある。

 私の場合も、Xacti が記録するファイルの拡張子が MP4 のため、そのままでは一覧に表示されない。そこで私は [ファイル名] の部分に 「*.MP4」 と入力して Enter を押すことにしている。そうすれば MP4 ファイルの一覧が表示されるため、そこから目的のファイルを選択して、[開く] をクリックしている。

Wv908 (クリックで拡大)

 [開く] をクリックすればファイルの選択が終了して、次の画面に進む。

2.書き出しフォルダの指定

 この画面では、右下の [Browse] ボタンをクリックして、書き出しフォルダを指定する。

Wv903 (クリックで拡大)

 書き出しフォルダを指定した後に、右やや上にあるオレンジ色の [NEXT] クリックして次に進む。

3.変換後のファイル名の指定

 この画面では、変換後のファイル名を指定する。既定値では元ファイルのファイル名が表示されている。

Wv904 (クリックで拡大)

 変更したければ、エディットボックス内を直接編集する。そのままでよければ無理に変更する必要はない。

 次に進むために [NEXT] をクリックする。

4.画質と音質の指定

 ここでは変換後の画質と音質を指定する。上の方の赤丸でかこった二つのスライダーで指定する。

Wv905 (クリックで拡大)

 下のほうに “Size” としておおよその変換後のファイルサイズの予測が表示されるので参考にするとよい。

 ちなみに私は、いつも “Video Quality” も “Audio Quality” も “Best” に設定している。

 画質と音質の指定が終わったら、右の [NEXT] をクリックする。

5.変換の実行

 最後に右下の [Start Converting] をクリックすれば、変換作業が始まる。

Wv906 (クリックで拡大)

 なお、この画面でも “Title” エディットボックスを編集すれば、変換後のファイル名を変更することができる。

6.変換実行後画面での選択

 変換を実行すると、この画面になる。

Wv907 (クリックで拡大)

 わかりにくいが、上のほうに二つのオプションが並んでいる。赤丸で囲んでいる二つだ。

 [View Conversion Progress] をクリックすると、変換の状況をみる画面に切り替わる。

 [Convert Video File] をクリックすると、ファイル指定画面に戻る。ファイル変換中でも次に変換するファイルを指定できて、作業を貯めておくことができる。

 
 以上で変換作業の一連の作業は終了である。

 変換後は、書き出し先に指定したフォルダから SD カードにファイルをコピーする。その SD カードを Wii に差し込んでやるだけで、写真チャンネルで動画を再生することができる。

 
Tips 1.最初に戻るには

 よくわからなくなって、最初に戻りたくなった場合、いったん Wii Video 9 を終了させて、再度 Wii Video 9 を起動するのもよいが、実はちゃんと最初の画面に戻る方法も準備されている。

 どの画面でもよいが、メニューバーの左上にある [Home] をクリックすると、最初の画面に戻れる。ただ、途中で別なサイトを表示させた場合などは、左上の [Home] をクリックしただけでは最初の画面が表示されない。

 その時は、ツールバーの右端にある Home ボタン house をクリックすると最初の画面が表示される。

Tips.ステップの省略オプション

 書き出しフォルダの指定と変換後ファイル名の指定をするステップは、省略することができる。

 メニューバーの [Setting] をクリックした後、[User Interface] タブをクリックすると、下の画面になる。

Wv909_3 (クリックで拡大)

 “Normal Mode Steps” リストボックスを開くと、アイテムが3つ表示される。

 Step 2 だけを省略するのか、Step 2 と 3 の両方を省略するのかの指定ができる。なお、Step 2 が 書き出しフォルダの指定、Step 3 が 変換後ファイル名の指定、だ。

 ちなみに私は “Skip Step 2 and 3” を選択している。

 最後に忘れずに右下の [Save Settings] をクリックすること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/18

Wiiで動画を再生してみる

 前回、『写真チャンネル』 で画像表示のレスポンスのよさに感激した話をした。今回はそのつづき。

 
 写真チャンネル の説明を読むと、画像だけでなく “動画” の再生機能も持っていることがわかる。ただし、動画なら何でも再生できるわけではなく、形式が “MotionJPEG” の動画のみが再生できる

 残念ながら私の持っているデジカメ Sanyo Xacti C4 の動画形式は “MP4” であり、じっさい最初に写真を閲覧するために SD カードを差したときは、動画は1枚も一覧に表示されなかった。

 見られないとなると、せっかくだから見られるようにしたくなるのがヲタクのサガというもの。とはいえ、手持ちのソフトウェアで MotionJPEG へエンコードできるモノがなかった。

 こういう場合は、とにかくググってみる。coldsweats01

 目的のモノはすぐに見つかった。やはりだれもが欲しいと思うようなモノは、誰かが作ってくれているものである。

 私が使ったのは、

Wii Video 9

という無料で使えるソフトウェアだ。

 この Wii Video 9 で撮影した動画ファイルを変換して、再び SD カードに書き戻してやれば、あとは SD カードを Wii に差し込むだけで、写真チャンネルが自動的に動画ファイルも見つけて一覧に表示してくれる。

 もっとも、Wii Video 9 はそれほど高画質でエンコードしてくれるわけではないし、MotionJPEG はファイルサイズが大きくなりがちな形式なので、撮影した動画をすべて Wii Video 9 で変換して保存するというのは、それほど賢い選択とは言えない気がする。

 とはいえ、Wii Video 9 によるエンコード自体は、能力の低いパソコンでもそれほど時間がかからないため、見たい・見せたい動画だけ変換して Wii でみんなでワイワイ騒ぎながら鑑賞するというのは、十分にアリだと思う。

 ところで、Xacti C4 で撮影する動画は、縦横比が4:3の動画だ。それに対して、その動画をみるテレビは16:9のいわゆるワイド画面だ。普通に再生すると、テレビ画面の左右に黒いすき間が出来る。しかも、Wii 自身はワイド映像としてテレビに映像を送っているため、テレビの機能ではワイド画面いっぱいに映像を写すことが出来ない。

 そこで、写真チャンネルの “拡大” 機能の出番となる。動画の上下が切れて見えなくなり、拡大されるためややぼやけた感じになってしまうが、ワイド画面一杯に動画が再生されて、個人的には落ち着きがよいと感じる。

 もともと撮影するときには撮したいモノを真中付近に来るように撮影するし、写真チャンネル上でも動画の映したいところを上下左右に移動できるため、拡大したから見たいものが表示出来ないということがないのもイイ。good

 
 この Wii Video 9 は指定する項目も少なく簡単に使えるソフトウェアなのだが、いかんせんユーザインタフェースがややわかりにくい。広告バナーが複数表示されて、そちらの方が目立っているため、作業のためにはどこをクリックすればよいのかわかりづらくなっている。

 そこで簡単な使い方の流れを作ってみた。なお、Wii Video 9 はすでにインストール済みという前提で話を勧める。

 ということで、次回につづく。bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/16

Wiiで写真を閲覧してみる

 いまさらながら Wii の 『写真チャンネル』 を使ってみた。そして、その使いやすさや機能に驚いた。

 
 我が家ではデジカメやケータイで撮影した写真を、ほとんど印刷している。印刷するのは当然私の仕事だ。

 ただ、印刷物は後々残るし、私自身のこだわりとして、それなりに補正をしながら印刷するため、けっこう手間がかかる。手間がかかるのでついつい後回しになってしまう。

 そんな時に限って、親兄弟が我が家にあそびにきたりする。

 親兄弟が遊びに来たときは、最近の我が家の様子を写真で見せるのだが、印刷していないので画面上で見せることになる。パソコン画面で見せる方が手っ取り早いのだが、いかんせん画面のサイズが小さい。大勢で見るならば、やはりせっかくある42型の大画面テレビで見た方が見やすい。

 我が家にある 『Hitachi Wooo P42-HR02』 にも、SD カードスロットが付いており、そこに JPEG 画像が入った SD カードを差し込むと、テレビ単体で画像を閲覧することができる。

 ただし、レスポンスが極めて遅い

 我が家のデジカメは、『Sanyo Xacti C4』 という400万画素の動画デジカメで、今となっては公式ホームページに詳細情報すら載っていない時代遅れのデジカメだ。

 その400万画素のデジカメで撮った画像でさえ、1枚表示するのに数秒かかる遅さなのだ。横倒しで撮影した場合などは、さらに回転させるたびに表示に数秒待たされるハメになる。

 それでも、まぁ、それほど頻繁に使うものでもないからと諦めていた。

 ところが先日、Wii を使っていて急に思い出した。「そういえば、Wii にも写真閲覧機能がついていじゃないか」 と。

 さっそくデジカメから SD カードを抜いて、そのまま Wii に差し込んでみる。Wii チャンネルから 写真チャンネル を起動する。写真チャンネルは、「XX毎、写真が見つかりました」 といって中に入っている写真の一覧を表示した。

 Wooo も一覧はそれほど遅くない。Wii に驚かされたのはその先だった。

 写真を1枚指定すると、その写真が瞬間的に画面いっぱいに表示された。画像の回転も瞬間的に終わる。

 「たかがゲーム機」 と侮っていた私には、いい意味で大きなショックだった。これまで Wooo で苦労していたのはなんだったのかと。

 たしかにゲーム機は、ポリゴン機能など画像を扱う性能が、パソコンと比べてもかなり高い。その特性を生かせば、たしかにこれだけのことができるのはなんとなくわかる。わかっていたはずなのだが、実際に自分で触ってみるまで気が付かなかった。うかつだった。

 あらためて任天堂の公式サイトで、写真チャンネルの担当者のインタビューを読んでみた。すると、こういう

ものすごい枚数の絵を表示できるグラフィックプロセッサーの存在が大きかった。ゲーム機そのものが写真をたくさん表示するという機能に向いていたんですね。

発言が開発者自身からあった。さらに、やはり表示のレスポンスを第一に考えていたということがわかる。

 それにしても、今まで 写真チャンネル をずっと使わずにきていたことが残念で仕方がない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010/02/12

ケータイの料金プランを見直してみる (定額編)

 前回、前々回からのつづき。

 前回、「プランEシンプル も、私の使い方だとありなのかな?」 という話をした。そして、「だが、プランEシンプル にすると AU ケータイ最大のメリットを失ってしまう」 というところまで書いた。

 AU ケータイ最大のメリットとは、

「月の途中からパケット定額サービスを申し込んでも、月の最初から適応される」

という大技である。(パケット定額サービスの当月適用)

 少し詳しい AU ケータイの利用者であれば半ば常識的なこの契約内容は、しかしながらドコモと比べると、極めて使い勝手が良い。(ソフトバンクは知らないcoldsweats01

 この大技があることによって、月末が近くなってから、その月のパケット使用量に応じた最適なパケット定額サービスを選び、その月のケータイ利用料を最適化することができるのだ。

 プランEシンプル では、このパケット定額サービスが使えないため、パケット数によっては他のパケット定額サービスを使うよりも利用料が高くついてしまうのだ。

 前回のグラフに、パケット定額サービスのグラフを加えてみた。パケット定額サービスを適用すると、無料通話分をパケット料金に使えなくなるため、パケット定額サービスのグラフはすべて 『プランSSシンプル+パケット定額サービス』 で計算してある。

2010020802 (クリックで拡大)

 やはり前回同様に、通話料を0円として計算してある。通話料がある場合は、プランSSシンプル と プランSシンプル は左にシフトする。プランEシンプル は上にシフトする。また、ポイントとなるパケット数を数字で加えている。

 このグラフで見ると、プランEシンプル が プランSSシンプル(+パケット定額サービス)よりも安くなるのは、“8000パケット~12000パケット” の狭い範囲の場合に限られることが分る。その時の最大の差額は10000パケット時の200円だ。

 逆に言えば、その範囲以外であれば、プランSSシンプルにパケット定額サービスをつけたりつけなかったりした方が安くあがる計算になる。

 やはり私はこのまま 「プランSSシンプル」 を使い続けるのがよさそうである。

----------

 余談になるが、月に81000パケット以上使うのであれば、プランEシンプル が一番安くすむ計算になる。ただし、月の通話料が200円以下という前提ではあるが。

 余談その2。このグラフを見る限りは、昨年始まった 『ダブル定額スーパーライト』 の意義が私には一つも感じられない。10000パケットまでであれば ダブル定額スーパーライト なしの方が安く上がり、10000パケット以上であれば ダブル定額ライト や ダブル定額 の方が安くあがる。なにかこう 「安く使えるように見せかけて、実は高くつく」 詐欺っぽい商品のように思えて仕方がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/10

ケータイの料金プランを見直してみる (基本編)

 前回は、自分のケータイの使い方を分析してみた。

 私のケータイの使い方でもっとも重視すべきは 『パケット通信費』 だ。今使っている料金プランに含まれる無料通話料もほとんどパケット通信費に使っている。

 前回の分析で月平均のパケット通信費は891円なので、パケットにすると約4100パケットとなる。

 ちなみに今選択している料金プランは “プランSSシンプル” だ。毎月の基本料が980円に対して、無料通話料が1050円分ついている。パケットにすると、5000パケット(625KB)になる。

 料金プランをもう一段高い “プランSシンプル” にすると、基本料が月1627円で+647円になるのに対して、無料通話料は+1050円分の2100円分となる。まとめ買いをするとお得になるのと似ている。今よりもリッチなケータイの使い方ができるようにも思えるが、支払い総額が増えることにかわりはない。

 また、話題の “プランEシンプル” は無料通話料はついていないものの、基本料が月780円と-200円となる。さらにプランEシンプルでは、メール通信費が全て無料となり、追加料金無しで “ダブル定額スーパーライト” と同等のパケット割引サービスもついてくる。

 文字や数値だとさすがにわかりにくいので、グラフにしてみた。

2010020801 (クリックで拡大)

 なお、このグラフは通話料が0円で、無料通話分をすべてパケット通信に当てたものとして計算している。通話で無料通話料を使っていれば、その分だけ プランSSシンプル と プランSシンプル のグラフは左にシフトしていく。また、プランEシンプル のグラフは上にシフトする。

 ① のパケット数が、私の昨年の平均月パケット数4100パケットだ。また、② は私の昨年の最大月パケット数約12000パケットだ。

 このグラフから見ると、平均だけを見れば現状の プランSSシンプル が最適だということがわかる。

 一方で、最大パケット数を見ると、プランSシンプル や プランEシンプル を選択した方が安くあがることがわかる。プランEシンプルであれば、メール分のパケット数を差っ引く事になるため、さらに支払額が下がるはずだ。

 で、今後であるが、今後更にパケット通信を増やす予定もつもりも今のところはない。

 であれば、繰越ができる無料通話分のある プランSSシンプル をこれまで通り選択して、問題なさそうだ。

 とはいえ、本当にインターネットサイトやコンテンツのダウンロードを行わないのであれば、逆に プランEシンプル の基本料金780円は魅力的だ。

 もともと通話料金はほとんど使わない使い方をしている。月の平均通話料は、前回書いたように53円と基本料金差200円より少ない。

 今はパケットを節約するためにメールのヘッダだけを受信しているが、プランEシンプル であれば、パケットを気にすることなく常に本文も自動的に受信できる。

 なにかの際に大量のサイトアクセスを行ったり、ダウンロードを行ったりしても、プランSSシンプル や プランSシンプル に比べて、はるかに少ないパケット通信費ですむ。

 そう考えると、つい プランEシンプル に試しに切り替えてみたくなるが、プランEシンプル に切り替えると AU ケータイにおける最大の利便性を失うことになる。

 (つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/08

ケータイの料金プランを見直してみる (分析編)

 先月、ケータイの機種変更をしたおかげで、パケット通信料がかさんでしまった。

 基本的にケータイのコンテンツには金をかけない主義なので、待ち受け画面や着メロ、着うた、ゲームやツールといった類のものは、すべて無料で使えるものしか使っていない。

 使用料は無料でも、ケータイにダウンロードしたコンテンツはそのケータイ本体に紐付けされてしまうため、機種変更後に新しいケータイ本体に移すことは出来ない。もう一度パケット通信で新しい本体にダウンロードしなければならない。

 この通信費がバカにならないのだ。3~4ヶ月貯めた繰越分を、今回の機種変更でのダウンロードのし直しで、ほぼ使いきってしまった。

 そんなこともあり、あらためてケータイの料金プランのどれが自分に適しているのか見直してみた。

 特に、昨年の秋に 『ガンガンメール』 というこれまでとは異なる特徴を持つ料金プランが、どの程度 “お買い得” なのかも気になっていた。

 まずは自分のケータイの使い方を、2009年一年間の詳細から分析してみた。

  1. 通話料の平均は月53円
  2. パケット通信費の平均は月891円
  3. メールの送受信は殆どない
  4. パケット通信の用途はコンテンツのダウンロードが大半
  5. パケット通信を使う月は限られる

1.通話料の平均は月53円
 ケータイで通話するのは、ほとんど家族割に含まれる実家の親への通話か自宅への固定電話だ。それ以外には私からケータイで電話することが殆どない。一番通話料がかかる月は、家族で旅行をしてカミさんのドコモケータイに何度も電話した時ぐらいだ。

2.パケット通信費の平均は月891円
 通話に比べればパケット通信の方がよく使う。それでも、インターネットへのアクセスはほとんど家のパソコンから行っているので、ケータイからインターネットへのアクセスは、ほんとうにケータイからのアクセスが必要な場合に限られる。旅先で情報を見る場合にはケータイしか使えない場合が多いので、そういう月はパケット通信費も多くなる。

3.メールの送受信は殆どない
 カミさんや友人へのメールも家にいる場合はパソコンから行うため、ケータイからのメールの送信は、本当に外出している時だけで、それもなるべくシンプルでなるべくパケットが小さくなるようにして送信している。
 受信のほうは自動ではヘッダのみを受信して本文は手動で受信するようにして、パケットがなるべくかからないようにしている。ケータイに届くメールは、パソコンメールへ自動的に転送するようにしているので、パソコン上でケータイメールを見て事足りる。

4.パケット通信の用途はコンテンツのダウンロードが大半
 私が一番ケータイ利用料金を使うのが、やはりコンテンツのダウンロードだ。ケータイサイトには、無料でダウンロードできるコンテンツも数多くあるため、そういった無料コンテンツを集めるだけで、ケータイが十分に賑やかになる。ただ、調子に乗ってダウンロードしまくるとあっという間にパケット通信費が跳ね上がるので、いつも前日までのパケット通信費とにらめっこしながらダウンロードしている。

5.パケット通信を使う月は限られる
 ダウンロードするのは無料コンテンツのみなので、気に入ったコンテンツが見つからない月も多い。そういう月は無駄に無料通話料を使わずになるべく繰越に使うようにしている。

----------

 自分のケータイの使い方を見直したので、いよいよ現行で選択できるケータイ料金プランとすりあわせてみる。

 (つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010/02/04

噂のチーズケーキは評判通りの美味しさだった

 いまさらながら、吉祥寺で話題になっているチーズケーキ屋さん “-タタン- tatin” で、チーズケーキを1本買って食べてみた。

 “吉祥寺 タタン” でググってみるとわかるが、だいぶ前から話題になっていた。かくいう私も昨年末に買いに行ったら、その日はたまたまチーズケーキはほぼすべて予約済みとなっており、泣く泣く焼き菓子の詰め合わせを買ったことがあった。その焼き菓子も、カミさんの実家の新年会に持っていって大好評だった。集まった子どもたちが奪いあって食べるほど美味しかった。

 ので今回は、予約こそ取らなかったものの、買えなかったら翌日の予約をするつもりで買いに行った。

 幸いにして、その日の開店直後だったこともあり、無事に1本チーズケーキを買うことができた。

 ここのチーズケーキは、1本3000円というちょっと勇気がいるcatface価格設定になっている。だが、このチーズケーキを紹介しているどのサイト/記事も値段相応以上の価値があると評価している。

 購入後に実際に手にしてみると、見た目から予想される重さよりもはるかに重たく、中の充実度がわかる。ある意味、以前に紹介したシフォンケーキとは対極に位置しているかもしれない。

 子供が学校から帰ってきてから、家族揃って試食タイム。

 他のサイトで紹介されている通り、まさに絶品であった。

 どこかのサイトでチーズが75%と紹介されていたが、まさにそれが実感できる濃厚な味だ。だが、だからといってチーズ臭いわけではなく、その気になればひとりで1本まるごと食べられそうな(実際にそんなことはしないがcoldsweats01)、そんな軽さも併せ持つ、実に絶妙な配合になっているのを感じる。

 子供とカミさんはよっぽど気に入ったらしく、夕食後だけでなく、朝食や昼食後にもすこしずつ食べている。(さすがに子供は昼食後に食べていないが)

 このチーズケーキであれば、普段 「チーズケーキはちょっと」 という人であっても喜んで食べられるのではないかと思う。その意味で、贈答用としてもかなり喜ばれる品だと思う。近々身内の集まりがあるので、私もこのチーズケーキを手土産に持っていこうと計画している。

 ただそうなると心配なのは、あまりに気に入られて頻繁に送ることを要求されるようになるんじゃないかということだ。

 そしてもう一つ残念なことは、日持ちがしないことだ。

 その点さえ除けば、まさに吉祥寺のお勧めの逸品だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »