« Sony DSC-HX5V と 以前のデジカメ | トップページ | Sony DSC-HX5V と 100円のデジカメケース »

2010/04/23

Sony DSC-HX5V と SDHCのメモリーカード

 Sony の DSC-HX5V にはメモリーカードが付属していないため、別途購入する必要がある。HX5V はソニー独自のメモリースティックだけでなく、SD/SDHCカードにも対応している。私は当然、汎用性の高いSDHCカードを選ぶことにした。

 今使っている Sanyo Xacti C4 は 2GB のSDカードしか使えないため、クラス6相当の2GBのSDカードを使っている。もちろんそのSDカードも HX5V で使えるの。しかし、静止画だけを撮影するならいざ知らず、動画も撮影するとなると2GBではぜんぜん足らない。ちなみに2GBだと、静止画なら400枚以上と十分だが、フルハイビジョンで撮影すると14分しか録画できない。

 Xacti C4 で2GBのSDカードを使えば、80分撮影できる。これまでの経験から、複数泊の旅行に行っても1時間分の動画を撮影するかどうかなので、とりあえず1時間程度の録画ができるメモリーカードが欲しい。すると、最低でも8GBのSDHCカードとなる。仕様書によれば、8GBのメモリーカードに録画すると、約58分10秒となっている。

 8GB以上のSDHCカードを買うとして、8GBでいいのか、16GBにするのか、いっそのこと32GBにすべきか、考えた。もちろん大きい方が使い勝手良いのは明らかだ。

 そこで、1GB当りの価格を比較してみた。あちこちのオンラインショップで価格比較をしてみると、現状では、“8GBの単価 ≒ 16GBの単価 << 32GBの単価” となっており、まだ登場して間もない32GBのSDHCカードを選択肢から外した。

 8GBか16GBのSDHCカードに絞られたところで、SDHCカードのメーカーを考えた。

 あちこちの掲示板やクチコミサイトを読んでみると、やはりというべきか、安さが売り物のメーカーのSDHCカードには、トラブルの報告も多い。もっとも、Xacti C4 で使っていたSDカードもいわゆる安売りメーカーのSDカードで、それでもこれまでトラブルが無かったことから、絶対にトラブルに遭遇するわけではないことは理解している。それでも、容量が一段と大きくなるため、撮影したデータが失われる危険は極力避けたかった。

 そこで今回は、多少高い買い物をしても、ある程度安心感のある “東芝製” のSDHCカードを買うことにした。

 あらためてオンラインショップの価格表を見て回ると、東芝製のSDHCカードはやはり高い。そこで今回は “8GB” のSDHCカードを買うことにした。そして、いずれ値段が下がったのを見計らって16GB以上のSDHCカードを買うことにした。

 いずれ買い換えることを前提にすると、使わなくなった時のことも考えなくてはいけない。そこで今回買う8GBのSDHCは、後でケータイやPlayStation Portableに使い回しがきくように、“microSDHC” にすることにした。

 そして最終的に、ここのショップからこの商品を買った。

東芝 microSDHCカード 8GB Class4

 HX5V の仕様として、AVCHDで撮影する場合は Class4以上が推奨されているので、このmicroSDHCカードであれば、その点も問題ない。

 実際にこのmicroSDHCカードを使って、仕様上の制限である29分の連続録画を10回以上行ったが、すべて問題なく記録された。ちなみに、仕様書に 「連続撮影できるのは1回の撮影あたり(AVCHDモード)で約29分」 と書かれているが、実際には、29分50秒で強制的に録画が終了する。ほぼ30分の撮影ができると考えてよさそうだ。

(つづく)

|
|

« Sony DSC-HX5V と 以前のデジカメ | トップページ | Sony DSC-HX5V と 100円のデジカメケース »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/48116739

この記事へのトラックバック一覧です: Sony DSC-HX5V と SDHCのメモリーカード:

« Sony DSC-HX5V と 以前のデジカメ | トップページ | Sony DSC-HX5V と 100円のデジカメケース »