« さらば、RDRAM | トップページ | スーパーマリオギャラクシー2、オールコンプリート »

2010/06/30

私が新しいパソコン選びで頼りにしたもの

 さて、先日新しいパソコンを注文したのだが、そこに至るまでにはずいぶんと紆余曲折があった。

 当初は、現在使っているパソコンやそのひとつ前のパソコンと同じく、“DELL” から購入しようと考えていた。世間的な評価はいろいろあるようだが、安価なのにしっかりしたつくりで耐久性も高い、というのが私の評価だ。

 現在発売中の “XPS 8100” は、私の希望する仕様にかなり近く、世間的な評価もよい。ただ、私にとってどうしても XPS 8100 では満足できない理由が一つあった。それは、“USB 3.0” だ。

 現在使っている Dimension 8200 には、USB 1.1 しか搭載されていない。私が Dimension 8200 を買った半年から1年後ぐらいから USB 2.0 が標準的に搭載され始めた。よって、8年間私はずっと USB 2.0 の恩恵にあずかれなかった。

 なので、今回はそういう悔しい思いをしないためにも、USB 3.0 が標準搭載された DELL XPS をずっと待っていたのだが、いっこうに搭載される様子がない。ようやく搭載されたと思った DELL XPS 9100 も拡張スロット用オプションとしてだった。

 DELL は昔からインテルが出すリファレンスマザーボードに素直に従ってシステムを設計しているようだ。よって、インテルが USB 3.0 に消極的なうちは、XPS にも標準で USB 3.0 が乗ることはないと思っている。そんなところから、新しいパソコンとして XPS を買う気持ちはほとんどなくなっていた。

 そこでターゲットを、ショップ系のBTOに移した。

 世間的には、USB 3.0 を標準で搭載したマザーボードが広く売られている。むしろ、USB 3.0 を搭載していないと売れない、とさえ言われ始めている。ショップ系のBTOならば、市販のマザーボードを使っているため、USB 3.0 を搭載していると考えたのだ。

 ところが調べてみると、意外と USB 3.0 を標準で搭載してるBTOパソコンが少ない。私から見るといらないレベルのハイエンドのパソコンに USB 3.0 が搭載されているぐらい。私が欲しいと思っているミドルクラスのパソコンに USB 3.0 が標準で搭載されているBTOパソコンは意外なほど少ないことが分かった。

 となれば、あとは自分でパーツを買い集めて自作するしかない。

 ただ、パーツを買い集めるとすれば、すべてのパーツについてある程度の知識は必要になってくる。そんなときの心強い味方が、パソコン関係の情報サイトだ。

 私が一番好んで見る IT 関係のサイトは、“インプレス社” のサイトだ。特に、“PC Watch” は私がブラウザーのホームページにして常時チェックしているほどだ。インプレス社のサイトばかりを閲覧している具体的な理由は特にないのだが、自分にとってわかりやすくて読みやすい記事が多いと感じている。

 そして今回、情報のほとんどをお世話になったのが

DOS/V POWER REPORT サイト「dosv.jp」

だった。それ以外では、価格.com のランキングやクチコミにもお世話になった。

 特に今回役に立ったのは、ド本命パーツ選び徹底指南66連発!! という特集だった。

 一番売れるモノが一番いいモノという保証はないが、やはり一番売れる=買われるモノにはそれなりに理由があるはずだ。その理由が自分の条件に一致するならば、それは自分にとっても “買い” になる。

 そうやって自分なりにパーツを選んだ後は、どの店から買うかということだ。

 安さでいえばネットショップということになるが、高額なもの以外には送料がかかってしまうため、複数のネットショップで買うと送料がばかにならない。下手をすると一つのネットショップでまとめ買いするよりも高くついてしまうことになりかねない。

 即入手という点では、秋葉原に赴いて買うという手がある。これならば、1回の往復運賃で、複数の店から一番安パーツを集めて買い求めることができる。ただ、この場合は大きく重たいパソコンケースを含めて、すべて自分で家まで持って帰ってこなければならない。車を持たない私にとっては、かなりの苦行だ。

 そんなこんなで、1週間以上も 「あーでもない」「こうでもない」 と悩みながら、ブラウザーとにらめっこしていたところ、最安ショップではないものの平均的な価格で、かつすべてのパーツを細かく選択できるショップに遭遇した。

 そのショップのBTOで、自分の希望するシステムを組み上げたところ、私が価格.comから集計した最安の合計価格より+10%で収まった。ビデオカード、ケースや電源といった一部のパーツは、私が考えていたモノとは違う、ショップのお勧めを選んだのも、安く仕上がった理由ではある。さらに今なら 40GB SSD をおまけで付けてくれるという。

 もちろんBTOにすると、自作に比べて高額になる。にもかかわらず、あえてBTOを頼む理由は、“細かい部品をそろえる手間” と “作業中の事故に対する保険” だ。私は今まで1からパソコンを組んだことはないものの、ハードディスクやビデオカードは何度も交換したことがあり、CPUの換装をおこなったこともある。よって、1からパソコンを組み立てようと思えば、組み立てられる自信はある。それでも、ケーブルや追加ファンといった細かいパーツを買いそろえるのはそれなりにめんどくさい作業だ。さらに、最近の高密度化した基盤やCPUのコネクタにうっかり触って破損させる可能性もゼロとは言えない。初期不良に遭遇した時も、問題の切り分けやお店に出向いての交換など、わずらわしいくなる可能性は十分にある。

 それならば多少のお金を保険として支払ってでも、専門家の手でかつ店の責任でパソコンを組んでもらったほうがメリットが大きいと判断したのだ。そんなこと考えながら、再度BTOフォームで慎重にパーツを選び、

ストームシステムテクノロジー

に新しいパソコンを注文した。ちなみにストームを見つけたのもインプレス社 PC Watch の広告だった。

 今はもう、新しいパソコンが届くのが楽しみで仕方がない。

|
|

« さらば、RDRAM | トップページ | スーパーマリオギャラクシー2、オールコンプリート »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/48734130

この記事へのトラックバック一覧です: 私が新しいパソコン選びで頼りにしたもの:

« さらば、RDRAM | トップページ | スーパーマリオギャラクシー2、オールコンプリート »