« あれ? これって結局 Windows 3.x と同じ? | トップページ | パソコン内の冷却をいろいろ試した (第1段階) »

2010/08/11

タワーファン (縦型送風機) は思いのほか良かった

 10年ぐらい使ってきた扇風機もいよいよがたついてきたので、今年は新しい扇風機を買うことにした。個人的なこだわりでエアコンは買うつもりがないため、あくまでターゲットは扇風機あるいは送風機の類だ。

 冷風機やコンビニエアコン、スポットクーラー などと呼ばれている、コンプレッサーと排熱装置が一体となった冷房装置も選択肢としてはあったのだが、どうも評判がよくない。冷却と排熱を同じところで行っているため、機器を作動させている分、トータルでは室温が上昇する。小型の筐体のため、冷房能力が弱く、思ったよりも涼しくない。弱い冷房能力の割には、安いエアコンが買えるくらい高価。などなど。

 乾燥機としてはそれなりに優秀らしいが、我が家では乾燥機を必要としていないため、結局、冷風機は選択肢から外した。

 一時期話題となった ダイソン社製の羽のない扇風機 『AM01 エアマルチプライアー』 や バルミューダデザイン社製の 『GreenFan』 も考えた。しかし、扇風機としてみるとずば抜けて高価である。そして、あちこちのクチコミやレビューを読むと、必ずしも評価は高くない。特に気になったのは、エアマルチプライアー も GreenFan も “騒音” が大きいという意見が多いことだ。我が家では、昼間と同じぐらいに夜寝る時も扇風機を使用するため、“静かなこと” はとても重要な要素になる。その点で、エアマルチプライアー も GreenFan も価格以前に “騒音” という点で、今回の選択肢から外した。

 

 そうやって “静か” というキーワードで、あちこちのクチコミや評価を見まわしていくと、意外な製品がひっかかってきた。

Aft820r

 アピックス社の 『AFT-820R-BK』(注意:リンク先はPDF) という製品だ。複数のレビューにおいて、「静か」、「十分な風量」 という評価がされていた。縦型の扇風機、いわゆるタワーファンは、「風量がそれほど多くない割には音がうるさい」 というイメージを私は持っていた。意外だった。

 しかし、静かで十分な風量が得られるのであれば、タワーファンは設置や収納の点で、一般的な扇風機に比べて有利な点が多い。実際、今ある我が家の扇風機はプラスチック製の安物のため、2~3年目でカミさんが横倒しで収納したため、次のシーズンの時に押入れから引っ張り出したら、扇風機の首の部分がぽっきりと折れてしまっていた。以後、その扇風機は羽の部分と台座の部分がテープで固定されて、首ふりはできるものの、上下方向が固定されたまま使われてきた。

 ということで、冷風機 や エアマルチプライアー、GreenFan に比べればぜんぜん安い、AFT-820R-BK を1台購入した。ちなみに、我が家で AFT-820R-BK を購入したのは6月下旬だった。価格.com を見るとその頃が最安値だったようだ。しかも、8月現在、ほとんどの店で在庫切れとなっている。いいタイミングで買ったと、一人でニヤニヤしている。smile

 

 実際に使ってみての感想は、「本当に静かだな」 というものだった。

 もちろんすべてが 「静か」 ということはありえないわけで、「静か」 だと評価できるのは、夜寝るときに使われるであろう、風量を一番弱くしたときの動作音についてだ。外の遠くを走る車の音は気になっても、足元に置いてある AFT-820R-BK の音は全く気にならない静かさだ。

 ただし、残念なことに、首ふりをさせると 「カツカツ・・・」 と比較的大きな音を出してしまう。我が家の個体の問題なのか、この製品の仕様なのかわからないが、夜寝静まった時にはかなり気になる大きさの音が、首ふりをさせると聞こえてしまう。首ふりさえさせなければほとんど無音なだけに、それだけが残念で仕方がない。我が家で夜寝るときには、首ふりをさせず、風が直接体に当たらないようにして使っている。

 あと気になる点は、操作音が消せないことだ。夜寝ているときなどには、寝ている人を起こすほど大きな操作音が鳴る。どうしても我慢できなくなったら、中を開いてスピーカーを取り外してしまおうと思っている。

 表示パネルは液晶で見やすいのはよい。しかし、夜にすべての電灯が消えた状態だと、本が読めそうなくらいにバックライトが明るい。表示パネル液晶のバックライトを消すには、タイマーを働かせればよいのだが、これも任意に消せるようにしてあれば便利だと思う。

 これは気になるというよりは、やめたほうがよかったんじゃないかという意見なのだが、『AI モード』 と称する機能についてだ。どんな機能かと言えば、内蔵されている温度計の温度に連動して、風量が自動的に変わるというものだ。30℃なら風量4、31℃以上なら風量5 といった具合だ。しかし、温度と湿度から体感温度を考慮した風量にするとかでもなければ、『AI』 と称するのはかなり恥ずかしい気がするのだが・・・。

 

 細かい問題点はあるものの、AFT-820R-BK にはおおむね “満足” している。夜、扇風機の音に煩わされなくなっただけでも、十分に評価に値する。

 そのうえで、台座の分の床面積があれば設置も収納も簡単に行える。特に収納については、一見大きく見えるものの、スリムなため、家具の隙間にも収納できる利点は大きい。

Aft820r
タワーファン
(楽天市場)

|
|

« あれ? これって結局 Windows 3.x と同じ? | トップページ | パソコン内の冷却をいろいろ試した (第1段階) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61641/49093571

この記事へのトラックバック一覧です: タワーファン (縦型送風機) は思いのほか良かった:

« あれ? これって結局 Windows 3.x と同じ? | トップページ | パソコン内の冷却をいろいろ試した (第1段階) »